獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200703-36

Re:イヌと赤ちゃん一緒の生活
投稿日 2007年3月17日(土)10時43分 投稿者 けりーずはうす

獣医師の立場から。
ロコさんのお子さんとパグさん、仲の良い姿はほほえましいですね。

だいぶ高齢のようですね。ということは、これからずっとこのパグさんが元気なままでいるということはないはずです。
時折は、病院に行き、場合によっては入院することもあるかもしれません。
病院での入院は必ずといっていいほどケージに入ることになります。
また、高齢になりますと心臓なども悪くなりますと、自宅で介護できる高濃度酸素室もレンタルできますが
それも、家でもケージにはいる習慣がついていないと、ジッとして入っていられないようですよ。
(結局、返却しなければならなくなった方もいらっしゃいました)
その時のために、今からケージに入ることがストレスにならないようにレッスンをしていただくことをお勧めいたします。
ケージに入ることが日常的になれば、決してストレスにはならないものですよ。
もしかしたら、これからお子さんがハイハイしたり、走り回る時、パグさんの方が遊びたくない時は
ケージを用意しておかれると、そこに逃げ込むことができるかもしれません。

レッスンの仕方は、飼育本などにも書かれていますし、「クレートトレーニング」と検索してみても
いくつかヒットしますよ。

パグさんのために、「安心な居場所」を用意してあげるつもりでやってみてください。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。