獣医師広報板ニュース

イヌ掲示板過去発言No.1100-200703-42

Re:クレートトレーニング;赤ちゃんと一緒の生活
投稿日 2007年3月22日(木)18時11分 投稿者 sumire

横横レス失礼足します。
一飼い主です。うちの犬は短頭種で9歳です。

 >また、お子さんからの逃げ場所という意味では、ケージよりも、隠れた気分になれる
クレート(バリケン、ケンネルキャブなどといった商品名で売られていると思います)の
方がよいと思います。

鼻の詰まった犬種は、暑さに弱いので私は怖くてクレートを使えません。高齢になれば犬自身にお気に入りのもの在るでしょうし、飼い主さんもその子の好みが誰よりも解ると思います。少し広めのゲージにして、周りを布で囲って落ち着く場所を作ってやる方法もあります。飼い主さんが中の様子が解る状態が高齢犬には安全だと思います。

キャリーバックだって、夏場を考えて、通気性のよいものを探します(笑)。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。