獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-199809-83

猫の審議会のHPちょっとだけのぞいてきました。
投稿日 1998年9月20日(日)03時50分 NOKO

私の暮らすこの街では、カラスが人を襲うこともよくある話です。
小さな土地を小さく小さく区切って立てられた住宅街では、家のまわりにびっしり並べられた水の入ったペットボトルを見かけます。効くのかどうかは別として、猫除けなんだそうです。自分の家の敷地には、家族以外、一歩たりとも入って欲しくないのです。
週末の幼稚園の砂場はシートで覆われます。土のないコンクリートの運動場の中で、唯一の砂場が猫や他の動物に汚されてしまわないように・・・柔かい土が周りにないところでは、のら猫達はそこにウンチやオシッコをしてしまいます。
子供を好きな人や嫌いな人がいるように、動物を、猫を好きな人も嫌いな人も、薄い壁一枚挟んで、隣り合って暮らしている街なのです。
嫌いな人にとっては、マンションの中庭に響く発情期の猫の鳴き声は忌まわしいものでしかないかもしれません。季節だな、なんて思う余裕はないのです。
日光が当たる当たらないで、訴訟問題になるところに住んでいて、上の階の住人の足音が気になる暮らしなのです。
ごみの収集が昼過ぎになるところでは、お当番さんがカラスとのら猫に頭を痛めています。
猫さえも自由に歩けない街なんて、住みたくないと思うのですが、じゃどうするのがいいのかは???

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ホームドクター・専門診療・救急:神奈川最大級のプリモ動物病院グループ様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。