獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-199809-91

>にゃんこさん
投稿日 1998年9月22日(火)01時47分 楓

年齢があくと、どうしても生活のリズムが違ってきます。
11歳というともう老猫だし、これから来る猫は多分まだ小さいのでしょう?
同じように生活をさせる、と考えるのであれば無理が生じると思います。
11歳の猫は11歳の生活を、子猫には子猫のリズムを、と分けて考えるのと、できれば生活のスペースを分けた方が安全だろうなと思います。
年齢の離れた猫を一緒に飼うことによって、ストレスが生じて、今までなら平気だった感染症が発症するおそれもあります。
そういうことをふまえて、分けられるスペース、11歳の猫が逃げることのできる(安心できる)スペースを確保してやれるなら問題は少なくなると思いますが。。。
可哀想だと考える方もいらっしゃいますが、ケイジなどをうまく利用するのも手だと思います。
ケイジに閉じこめるのではなく、ケイジの中は安心できる、安全なスペースだとわからせてやれば、そこではのびのびと眠ることができるのですから・・・

雄・雌に関しては、個人的な意見ですが
男の子を去勢して飼うのが、一番飼いやすいと思っています。
女の子はどうしても、手術しても子供を産み育てるという本能が残って、自己防衛本能が雄よりも強いように思われるからです。
でも全て個体差が大きいので、あまり参考にはならない意見かも知れませんが…

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ホームドクター・専門診療・救急:神奈川最大級のプリモ動物病院グループ様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。