獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-199903-55

春がきた・・かなぁ?
投稿日 1999年3月5日(金)09時05分 たま

暖かいですねぇ♪(^。^)我が家のにゃんこ達もご機嫌でひなたぼっこ。
このまま寒のもどりなんてなかったらいいなぁ。

>みかこさん
まりお君、いよいよなのねっ。ぶら下がってるものが無くなるとさみしいかも(笑)
みかこさんの心配をよそに本人全然ヘーキってかんじでしょ?
うちもね、女の子なんだけど今月あたり手術の子がいるんだぁ。女の子は入院いるし
お金かかるし(笑)しゃあない、かわいいわが子の為だっっ。
まりお君、あまえたちゃんになると思うよ♪

>sheilaさん
とりあえず獣医さんに連れて行かれたとのことですが、血液検査はされたんでしょうか。
意見交換の方に書かれていましたがウイルスの疑いがあると言われたんですよね?
出入り自由にしていらっしゃるみたいですがワクチンの方は?
手元に簡単な猫の本でもございませんか?たいがいは詳しくなくても書いてありますが
ワクチンで防ぎきれない不治の感染症があります。もしワクチンさえ打っていないなら
危険このうえないと思います。喧嘩の傷もしばしばあるとのこと。少し心配です。
猫の病気はけっこうたくさんの種類があります。私はなんとも言えませんが
たぶんsheilaさんは落ちつかない気分でどうしていいかわからず書き込みされたんですね。
とりあえず今はsheilaさんが落ち着く事。腕のいい獣医さんにかかり、しっかりと
検査してもらう事。血液検査がまだならすぐにお願いしてくださいね。
猫ちゃんにとっては頼れるsheilaさんがオロオロしては余計に不安ですよ。
ほんとに敏感に感じ取っていますから。この掲示板で治療はできないのは当たり前ですが
同じ猫飼いの気持ちは痛いほどわかりますから不安、愚痴、なんでもどうぞ!
イヤな世の中になったもので、現代の猫は出入り自由では飼えません。
もともとウイルスキャリアーでない場合、外の猫との接触が非常に危険です。
猫の寿命はけっこう長く15年以上と言われますが野良猫はその3分の1ほどだそうです。
食生活の違いもありますが野良猫からの感染確率は非常に高いものです。
彼らはワクチンで防げる病気でさえ、防げないのですから。実際、つい最近出入り自由の
猫ちゃんが猫エイズ、猫白血病のふたつに感染していたという話を聞きました。

なんのたしにもならないお話で申し訳ありません。でもなんでも言ってくださいね。
ここには経験豊富な猫飼いさん達が来られますから非常にためになりますよ。
皆さん、親のように怒ってくれたり一緒に悩んで心配してくれたり・・・。
検査結果が出るまではほんとにイヤな気分です。私は知識豊富でもないので
sheilaさん応援部隊で(笑)。負担になるかもしれないけど今はがんばって
獣医さんで検査してあげてください。報告お待ちしてますよー!

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。