獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-199908-22

ネットについて
投稿日 1999年8月12日(木)18時26分 播谷久美子

こんにちは 獣医の播谷です。神経質なねこは ネットにいれてきていただけるととても助かります。
 毎日ねこの患者さんがおみえになりますが いままで ネットに入れられただけで とくに痛い思いをしないのに 暴れた子はいません。
 うちの病院でつかっていて 気に入っているのは円筒形のとても大きなもので 8Kgのねこもゆうゆうとはいります。編み目は4mmぐらいでおおきめです。編み目がこのぐらいおおきいと 爪がでますが 足全体の爪がしっかりとかかるので 爪がおれたりすることはありません。かえって細かい目のほうが 爪が1つだけひっかっかたりして ねこが痛い思いをするかもしれません。
 わたしは基本的に ネットにいれたままでは痛い処置はしないようにしています。皮下注射や 簡単な聴診はできますが それ以上の処置のさいはネットからでてもらいます。
ネットからでただけで 荒れ狂う様な猫のばあいは 場合によっては 鎮静剤を注射することになります。
 ネットの利点はねこにとっての安全性です。待合い室にねこを抱えたままはいってこられる飼い主の方もおられますが とても危険です。また段ボール箱もいけません。ナップザックに頭だけだしてくるのもおやめになったほうがいいです。
 キャリーバックもおすすめですが ときに ねこがバックからでなくなって時間をくうことがありますし 逆にとびだしてきて 難儀することもあります。
 ねこたちも 飼い主の方の心をとてもよく察します。病院にいかれたときは なんでもない 平気だよ とどーんとかまえていてください。飼い主の方がおろおろすると ねこも縮みあがるような気がします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。