獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-199908-43

レス−その2 長いです、、、すいません。
投稿日 1999年8月23日(月)16時57分 楓@秋葉原

もよこさん>相性ってやっぱりあると思います。特にどちらかに何らかのハンディがあったりして、また一方が元気盛りの若い男の子・・・現在5ヶ月とのこと。もう4ヶ月一緒に生活しているのですよね。最初の頃は母猫のつもりで可愛がっていたんですか?生後5ヶ月というと、本当の母猫との生活でも子離れの時期です。母猫は子猫が1人前の猫になるためにわざとかまわなくなったり、遠ざけたりするようになります。男の子にしてみれば今はとにかく遊びたい盛りの一番元気な時期だから、普通の猫と遊ぶつもりで乱暴なことをするのでしょうが・・・。できれば飼い主さんとしては何事も先にいたメスを優先してあげたらどうでしょうか?食事も別にして、可愛がるのもメスの方をたくさん・・・そして、猫じゃらやボールなどで男の子がいっぱい動くように運動させてみたら?時期が来ればある程度おとなしくなってくるものです。あまり焦って考えないでね。早めに去勢手術をするのも1つの方法かもしれませんよ。

ポ太郎さん>初めまして。お世話係の楓と申します。どうかよろしくね♪
お婿さんとして新しい猫を迎え入れる、ということは繁殖をされるということですね。
ポ太郎さんが書かれていることはその通りだと思いますよ。で、もう少し補充させていただくと・・・
繁殖をさせるつもりであるなら、多分同じ血統の純血種ですよね?違うかなぁ???
もしそうであれば、ブリーダーさんなりショップから購入されるわけだけど、できればブリーダーさんのところで、最低2回はワクチンを接種しておいてもらった方が安心できるんじゃないかな?それとできれば血液検査も。交渉次第だけど、お金は払うので獣医さんの証明書を取ってください、とお願いすることはできると思いますよ。最初のワクチンが生後8週目、2回目のワクチンが12週目、その1週間後くらいが子猫を迎え入れるには適当な時期だと思います。そして新しい家に着いたら、血液検査や健康診断などすべて済ませて、何も問題がないとわかってから先住猫と一緒にされた方が安心できますね。
できれば、その子猫が落ち着いて生後16週をすぎたあたりにもう1度ワクチンを接種されるともっといいと思うけど。
先住さんと仲良くさせる方法はとにかく根気よく見守る、しかないかなぁ(笑)。
いきなり一緒にせずに最初は新しく来た子猫をケージなどに入れて慣らせて、徐々に一緒にしていく・・・。
でも相性がありますからね。いきなりすごく仲良くなってしまう場合もあるし。。。反対にいつまでたってだめな場合もあるし・・・飼い主さんがピリピリするのは一番良くないみたいです。ポ太郎さんが書かれているように、できるだけ先住さんを立ててあげてください。でも猫の世界にはきちんとルールがありますから、よほどでない限り、新人さんは先住さんに遠慮をしてくれるんですが・・・。
それとトイレはできれば猫1匹に1つはあった方がよいと思いますよ。でもね、ここはあんたのトイレで、ここは別の子のトイレよ、といっても猫にはわかんないでしょうが(笑)。でも、トイレはたくさんあった方がよいと思います。

SHAKAさん>大変ですね、私も仕事で家を空ける時間が毎日12時間強・・・子猫が生まれるときは大騒ぎでした(苦笑)。子猫の離乳ですが、早い子であれば生後3週間くらいから食べはじめてくれます。最初は獣医さんで扱っている、高栄養の療法食の缶詰を子猫のミルクでのばしたものなどを使うのが失敗が少なくてよいと思います。でも離乳をはじめても最初は日に3−4回。それも1回一口か2口・・・でも1週間もすれば徐々に自分で食べてくれるようになりますが、その子猫によっては生後2ヶ月になっても自分から食べない、なんてわがままも時にはいます。でもこれも焦らないであげてくださいね。子猫はちゃんと自分のペースがわかっているようです。仕事をされていて大変だお思いますが、どうか子猫たちがきちんと自立できるようになるまで、お世話してあげてください。また何かわからないことがあれば何でも書き込んでくださいね。

たまさん>私は獣医師ではないので、ノミ取り首輪についての危険性をここで書くことはできません。
でも今はノミ取り首輪よりももっと効果の高い、ノミの駆除剤がありますから、一度獣医さんに相談されてはいかがですか?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。