獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200105-40

お米が心配
投稿日 2001年5月10日(木)13時45分 ツィツァ

ハッキリしないお天気が続き、五月晴れを久しく見ていないので
5〜6年前の米不足の年を思い出してしまいます。

>森の猫さん
覚えていてくれてとっても嬉しいです!
病人は義父、昨年義母が亡くなってからすっかりショボくなってしまいました。
手術を何回かしなければならないので、
看護の関係上、猫を預ける事になりそうです、寂しいなぁ。
ツメトギなんですが、人間でするのが定着しつつあります(苦;)。
新調したソファでしそうになった時は気を逸らすようにしてます。
やっちゃいけないことだとわかると、構って欲しい時はわざとする…
いやな性格の猫なんです、ウチの子って。

>ダリさん
友人の家のナッツくんは、ソバージュの女を異様に怖がります。
ウチの猫は母が救急車で連れていかれてから、
サイレンの音が大っ嫌いになっちゃって、隠れてしまいます。
でもお尻はだしたまま…
たまにヌケ作になる猫がいとおしい。

>つかぼーさん
私も2年に3回くらい出産がベストだと聞いた事があります。
人間も1回の出産で普通に生活してる4年分を消耗するらしいから、
きっと母猫にとっても大変なんでしょうね。
ウチの子Bマッカレルなんですが手足はミデットです。
でも両親は全然違うの。
同腹兄弟たちもクラシックやパーティーカラー、シルバーにブラウンと
まちまちなんだけど、全員ミデットなんです。
メンデルの法則でも勉強してみようかなぁ。

>ココさん
何ヵ月齢くらいの猫ちゃんなのかな?
私が暮した猫Sも最初から素直に爪切りさせてくれた子はいませんでした。
暴れちゃうんですか?シャーってやっちゃうんですか?「う〜」って唸るんですか?
動物はこっちの感情を読み取る名人ですから、
何をするにせよ、おっかなびっくりでやらないほうが成功するみたい。
堂々として「私に任せなさい!」って感じで。
暴れる場合は叱るのも一つですが、やりすぎると卑屈になってしまいます。
これは言葉で説明するのが難しい…
飴と鞭と言いましょうか、暴れた時は私はお尻をビンタしましたが、
一応それで動きが止まったときには、「う〜」と唸ろうが「シャーッ」しようが
ひたすら褒めちぎりました。
「上手だね」とか「偉いね」とか「いいこだね」とか。
そのお家によって飼い方や愛情の示し方は違うので、
こうすべきとは言えないのですが、
私は爪くらいは切らせる猫ちゃんであった方がいいかな…って思います。
お薬や療法食、目薬を指したりってこともこの先あるかもしれません。
ある程度我慢の出来る猫ちゃんに育ててあげた方が、
いざ病気って言う時、猫ちゃんの負担も軽くなる気がするのです。
人間も楽になるし、今では飲み薬や目薬くらいなら
いちいち抱っこしなくても(ウチの子重いんです!)出来るようになってます。
家族の中で私が一番叱るのですが、いつも私の後ばかりついて来ます。
反対にメリハリつけずに可愛がってる主人の言う事は聞きません(笑)。
あと余程の事がない限りは二人がかりも避けています。
根拠はないのですが押さえつけられるのを嫌うので、
一対一のほうがフェアなんじゃないかと…バカみたいですが。
参考になるような良いアドバイスが出来なくてごめんなさいね。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。