獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200105-8

Re:外猫から室内飼いへ。お散歩は必要?
投稿日 2001年5月3日(木)20時34分 までりん

ウチの猫たちのケースです。

最初に来た2匹は、もともと室内飼いで、私のところに来る前はケージの中で
しか飼われていませんでした。(生後11ヶ月まで)
ウチでも、完全室内飼いにしているんですが、ときどき、どうしても外の世界
が魅力的に見えるらしく、人間のスキを突いて脱走することがあります。
外は車も多いし、「庭に粗相をされる」といやがるご近所の方もおりますし。。
なにより、ほかの猫とケンカすると困っちゃうし。

だから、ちょっとかわいそうかな、と思うことは多々あるんですが家の中だけ
でガマンさせてます。「出さないつもりならゼッタイ出さないほうがよい」と
は獣医さんからもアドバイスいただいています。

もう1匹、あとから来た子は、完全ノラちゃんでした。ノラ生活はそこそこ長かった
ようです。だから、家に入れるときも「この子は室内飼いは無理かな?」って
思っていたのですが、あにはからんや! ウチの猫になってからは、外へ出よう
としなくなりました! これにはびっくりしましたが、獣医さん曰く「外の世界
のきびしさが身に染みてるからじゃない?」。。。そうかも。。。

一度、ノラだった子、ソウジを「お散歩」させようとリードをつけて外へ出し
てみたことがあるのですが、かえってパニックを起こしてしまいました(忸怩。。)


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。