獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200105-83

猫BBS、大にぎわい!
投稿日 2001年5月16日(水)20時32分 楓

嬉しいですねぇ♪

馬さんのアメショー親子、かわいい。。じゅるるる(涎)。

Sさん>私は獣医ではないので、参考程度に聞いてくださいね。
その程度だったら心配ないんじゃないかな?わが家でもワクチンの後、元気がなくなる場合があります。でも顔が腫れたり、吐いたり…って急激な症状がでない限り心配はないと思いますよ。
今夜は食欲がないかも知れないので、なるべく安静にさせて、明日の朝も様子がおかしいようだったら、もう一度診ていただいたら?
次回のワクチンの時は、今回の症状を先生に伝えてからの方がいいと思います。
ワクチンにも色々な種類がありますし、その時のその猫ちゃんの体調によって副作用がでる場合があるようです。
3種混合のワクチンと白血病を一緒に接種したのですか?
う〜む。うちの先生は別々の時に打つという話なんだけど…。(わが家は白血病ワクチンを接種していないので)
今度、白血病のワクチンも一緒に入った4種か5種混合のワクチンが発売になるような噂を聞いていますから、一緒に接種しても問題ないのかな???

下記に書かれているワクチンの副作用で一番怖いのは、製剤を溶かすために使用されているアジュバンドによって、腫瘍が「まれに」できる場合があることだと思います。
そのため、今までは首の下に打っていたワクチンを最近は太股に打つ先生が多いようです。これは、首にできてしまった腫瘍を取るのは難しいけど、足であれば、切り落として治療ができるから…と、まぁ、こう書いてしまえば「なんて恐ろしい!そんなことになるならワクチンなんて打たない方がいい!!」って思われるかも知れませんが、発生率は非常に低いといわれています。
人間の子供に打つワクチンにだって万に一つの副作用があります。
その副作用をおそれて、ひどい病気にかかるかもしれない危険を選択するか、どうか?
飼い主さんとしては悩むところですよね。
わが家の場合、3種混合ワクチンは生後1年までに3回(8週、12週、16週)、その後は年1回、そして8歳を過ぎた猫は3年に1回の接種、と決めています。その時の猫の体調によってはワクチンを延期することもあります。
白血病ワクチンに関しては、血液検査で陰性を確認した猫しかいませんし、外に出したり、他の猫と濃厚な接触をするおそれがないので、接種していません。
飼い主さんも勉強をして、知識を持つことが必要かな?って思います。
ただ怖がって避けるだけでなくて、どういうときに、どうなるからこういうことが起こり得る、ってことを少しでも理解して、そして、猫に一番いい方法を選択してあげたいです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。