獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200105-89

白血病ワクチンのお話
投稿日 2001年5月17日(木)12時36分 とも子

今日は、猫の森さんからのお誘いがありましたので、参上しました。
私もこの春、ワクチン接種の事で悩んだので、その時勉強した事を書かせていただきます。

白血病については、ウィルスの研究自体がまだ途上だということなので、ワクチンについても諸説あるようです。
病気自体の事ですが、成猫のキャリアでも持続感染(重篤、致死率高い)になる可能性は10%程だという説があります。幼猫だと50%。
その他の猫はウィルスを排斥できるらしいですが、1年くらい体内にウィルスが残っているそうです。その時に、検査すると陰性が出てしまうという事。
御承知の通り、キャリア猫にワクチン接種はダメな訳ですから、この期間の陰性の子にワクチンを打つ事で、持続感染になる恐れがあるそうです。
先程書いた1年間も定かでなく、ウィルスがずっと残る事もある?らしい。
難しいですよね。
このウィルスはだ液、血中、尿中に存在し、グルーミング、お皿の共有、他の子のふん尿を舐める、などでも感染すると言われています。
ですので、室内飼いでない場合、本当に陰性ならば、接種を考えても。

ワクチンは、3種混合と一緒に打つべきでないはずです。少なくとも3〜4週間。できれば、半年あけた方が安全。
ただ1社だけ、自社のワクチンなら3種混合と同時に接種可、ということです。
4種混合なども出て来ているらしいですが、勧められても安易に打つべきワクチンはないと思います。
感染経路、ウィルス検査の確立など、不確かな要素が多いし、副作用の事も考えると。
やはり、信頼のおける獣医さんに相談に乗ってもらいながら、ワクチン接種を受けるのが良いと考えます。
副作用の事は、農水省の動物医薬品のHPで、見る事が出来ます。

本当は、すべてのワクチンが1種づつ打てるようになると良いと思います。

Sさん。白血病ウィルスは弱いので、パルボなどより心配ないです。
御主人が、持ってくる事はないのではないかと思いますが。

それにしても、皆さんのねこちゃん写真は可愛いです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。