獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200106-23

とうとう疲れがでたみたい、だるくてだるくて
投稿日 2001年6月5日(火)12時09分 ツィツァ

>baruさん
お役に立てるかどうかわかりませんが、今週仕入れた情報です。
私の猫好き仲間は猫以外のシーンでも助け合っているんですが、
我が家のエアコンを取り付けてくれたN氏(奥さんとムスメと猫3匹を飼っている)
がアドバイスをくれたので、それを書きますね。
エアコンのオーバーホール(クリーニング)を5〜6年に1回してもらうと
猫も含め人間のアレルギーには格段の差が出るそうです。
その報告は1件や2件の話ではないそうで、エアコンの寿命も延びるとのこと。
ただ業者は慎重に選んだ方が良いらしいです。
あとエアゾールタイプのクリーナーが最近ありますが、
それによる機械の故障やアレルギーの報告が急増中だそうで、
フィルターを週イチくらいで掃除機かければOKと言ってました。

私も凄いアレルギー体質で(それ以外は馬並に丈夫!)月に2回病院で薬を貰ってます。
でも不思議と獣毛には反応しません。
思うに子供のときから猫を飼ってるので免疫ができたのだと思います。
友人でも、人の家の猫はNGだけど自分ちのこはOKのわがまま人がいます。
ご主人に猫の良さをわかって貰えたら緩和されると思いますが…。
なんだか抽象的な無責任発言でごめんなさいね、
でもウチの主人も超犬派だったのが猫を飼ううちに
怖いくらいの猫好きオヤジになってしまったものですから。
baruさんのお宅もそうなれば良いな…。

>abiさん
なーに、なーに、ももちゃんのあのショット!かっわいーっ!
猫仲間でクリーム・シェ―デッド・タビー(で、よかったかな?)を飼ってる子が
いるんですが、そのジュディちゃんに似てるの。
ジュディちゃんはアメショです、私にすんごく懐いてくれます。

>みゃ―のママさん
みゃーちゃん「欠点がない!」って感じの猫ちゃんですね。
MIXの良さがとても良く出てる…うらやましいっっっ!

>友恵さん
お名前が私の妹と同じなんですね…はじめまして、ツィツァと申します。
みかんちゃん、ゆずちゃん…柑橘系で揃えたのですね。

>Sさん
ももちゃんはきっと王様気分なんじゃないかな。
ウチの子もそうなんだけど、一匹飼いってそうなるパターンは多いようです。
完全室内飼いで一匹だけだと自分が猫だと思わないらしいです。
でも猫は猫なので本能が丸だしになってしまうんですね…。
噛み癖引っかき癖は皆さんが仰るように大袈裟に痛がる事、大声を出す事…これに尽きると思います。
私はぶったりもしましたが、それはちょっと失敗。
ウチの子は「そういうのやめて!」って言う時、声より口が先に出るコらしいのです。
今(もうすぐ3歳)は噛むことはしませんが、止めて欲しい時は噛むフリをします。
人間も「これは困る」と思うときは仔猫のうちに伝えないと、
オトナになってからだと「なんでなんだよ」って反抗心が出ちゃうと思うんです。
猫との共同生活なんですもの、お互い快適に末永く付き合いたいものですよね。
この先薬を飲ませるような時がきたら大変だと思います、
頑張ってくださいね。

私も今回一匹飼いって初めてなんですが、昔と違って完全室内飼いは
やっぱり一匹だと可哀想に思えます。
今の子と暮し始めてから(主人が初心者だったので)
慣れた頃増やそうと思っていたのですが、家庭の事情でのびのびになってます。
今の状況が落着いたら今秋ころにもう一匹…って考えてます。

>さくらさん
ちび太ちゃんのシャンプーお疲れさまでした(笑)。
私もこのところ忙しかったり、手を怪我したりでずーっとご無沙汰。
あんまりみすぼらしい猫になってしまったので今週こそはやらねば(^^;)。

>ユトリロさん
私は経験ないのですが、経験者に聞くと結構成功してるみたいですよ。
失敗した人の話を聞くと、猫が先住で雄猫で一匹飼いで5歳過ぎると難しいんだそう。
ワンちゃんが先で失敗した例はまだ聞いてません、
案ずるより生むがやすしです、頑張って!

>ジャンさん
元気に食べているのなら体重でそれほど神経質になる事もないとは思いますが、
目は心配ですね、アレルギーじゃなければ鼻器官炎かもしれません。
瞬膜が飛び出たりとか、あまり酷くなければわりと早く治りますよ。
どっちにしても獣医さんに早急に連れていってあげてくださいね。
クセになるとハナたれ猫のがびがび君になっちゃうから。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。