獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200106-45

popopさんへ
投稿日 2001年6月8日(金)20時20分 森の猫

その後、手の方はいかがでしょうか?
さて。質問に関する、私なりのお答えですが…。

1.猫をどのように飼っているか?
我が家は完全室内飼いです。今後、日本ではこれが主流になって行くはずです。
猫のためにも、近所の人々のためにも、室内飼いがとりあえずベストです。

2.野良猫との接触をさせないようにするには?
おたくの猫を、完全室内飼いにしましょう。
(そもそも疑問なのですが、どうして猫を庭につないで飼うなんて変わったことを
していたのでしょうか?)

3.引き離せない場合、野良猫を捕まえて注射、というのはありか?
「注射」って、何の注射ですか?
文章の流れからすると、獣医さんに安楽死を頼みに行きたいという意味にとれます
が、そうとってもよろしいのでしょうか?
つまりあなたは、ご自分のうちの猫と友だちの猫を引き離すためには、野良猫さん
のほうを殺してしまってもよいかと、おたずねなのでしょうか?

…一言、ご忠告しておきますが、まともな掲示板の場合、「自分ちの猫さえよけれ
ば、野良猫は死んでもかまわないです」という主旨の書き込みをする人は、常連の
みなさまに、反感を持たれちゃったりします。お気をつけてくださいね。

#下のkemyさんの書き込みにありますように、「野良猫だから」病気をもって
いるとは限りません。むしろ、「予防接種をしていない放し飼いの飼い猫」の
方が、病気を持ったまま、ふらふら自由に歩いていることが多いのです。

おたくのKIWIさんは、年に一度の予防接種を受けていますか?
野良猫さんから病気を移されることをおそれる前に、ご自分の猫が、善良な野良猫
さんに病気を伝染させないように気をつけてあげてください。
ただでさえ、野良猫さんの寿命は、平均三年といわれるのですから…。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。