獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200106-58

字が小さくてすみません
投稿日 2001年6月10日(日)23時54分 たまほめ

東京都における、
猫免疫不全ウイルス(FIV)猫白血病ウイルス(Felv)
の室内飼いと室内外飼育の猫の感染の率です。

      室内飼育    室外・室内外飼育 
Felv陽性   4.3%     15.1%
FIV陽性   9.8%     26.3%
両方陽性   2.6%      6.2%

・感染症は他猫のクシャミでも移ります。
・ワクチンを打っているから感染症は平気というのは間違い。
かかりにくくなるだけで感染はします。
・去勢避妊をしてもケンカは売られます。
実家の猫は1歳で去勢したけど、10歳まで延々ケンカ売られて
傷が絶えませんでした。
・外で汚い水を飲んだり、嘔吐していたらわかりますか?
・室内飼い猫と室内外飼いでは寿命に2-3倍の差があるという統計も。

popopさんへ
うちの実家の猫たちは代々東京都心で25年、室内外飼いでした。
しかしケンカから猫エイズに感染して(去勢していた♂ですが)
若くして天国に行った子がいました。毎日毎日病院に注射に通って・・。

変質者に刃物で体の4/3の皮を切られた子もいます。
近所の猫は車にひかれてトラの敷物みたいになったのを、うちの
母が板で道路から剥がしてやりました。

室内外飼いで約15歳まで生きて天寿を全うした子たちもいますが、
たまたま運がよかっただけだと思っています。
(でも室内飼いの子たちは18.19歳まで生きたからやはり違うのかも?)

幸運に寄りかかるような飼い主ではいけないと感じています。

>自転車に跳ねられたが無事だった
ずっとあなたの猫ちゃんが寿命を全うするまでその運が続くんでしょうか・・。
疑問です。歳をとったらよけられないかもしれませんよ。

>外猫が悪い様に言われるのは猫のしつけも管理もできない飼い主に飼われた猫)の話であって
しつけの出来た賢い猫と、庭に糞しちゃう猫の見分けは、世の中の人にはわかりません。
猫が嫌いな(迷惑している)人にとっては、庭におしっこや糞をする猫と、庭を
通り道に使ったり、たまたま来た猫は全く同じ「迷惑なもの」としか見えない
ものなんですよ。残念ながら。自由に歩いている限りは。

近所に「自分家以外の猫であれば」石を投げたり、ゴルフクラブで叩こうと追いかけ回し
たりする人もいました。水をかける人もいるでしょう。
放し飼いにしたら少なくても、猫の存在が有害であると感じる人がいると自覚
したほうがいいと思います。

また、飼い猫は人慣れしていて栄養がいいから、実験材料に捕まえる業者もいるし、
中学生の子がすり寄ってきた成猫の尻尾をつかんで、ブンブン振り回して遊ん
でいるのも見たことあります。

それに区立の、結構大きな近所の公園で、住み着いた捨て猫対策で、公園側が
毒をまいたことがありました。
「毒をまいたので犬を散歩させるのはやめたほうがいい」と公園側に言われて。
見る見る猫は減って・・。そこは放し飼いの飼い猫も入ってくるし、毒を口に
してしまってもなにも不思議はありません。
いくら気をつけても、そういう危険もあるでしょう。

うちだって昔は木に登ったり、鳥やネズミを捕らえたりして猫たちも自由で
したし、戻れたらいいのに・・と思います。でもだからといって私の中の
「猫を自由にしたい」という満足を満たすために、外世界の危険の中に猫を
放すのは、間違っていると感じるから、しません。

室内飼いも室内外飼いも結局のところ自由です。
どーしろとか、室内飼いを押しつける気はありません。
ただ猫がもしかして運良くすごい危険から逃れて、今日をすごしたのかもしれ
ないのに、
「自由に外で遊べてうちの子は幸せね♪」
とかのんきに言っている飼い主がいたら、考えてもらいたい、と思った次第です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。