獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200307-1

バロママさんへ
投稿日 2003年7月1日(火)02時59分 ダリ

こんばんは。
正直言って何を書いたらいいのかよくわからないのですが……大変お辛い
ことと思います。
やはり目の前にしなくてはわからないだろうなおもいつつも自分の猫に同じ
ことが降りかかった場合を想像してみますと……
(うちの猫たちにはブリーダーさんのような「実家」はありませんので、
自分が引き受けざるを得ないという状況での話です)
まずは最初の手術は試してみるでしょう。
(もちろん、よくよくインフォームドコンセントを行った上でそのメリットが
充分に大きいと納得できる場合です)
しかしその次の手術が必要になってもするかどうかはわかりません。
外科手術は猫にとって非常に大きな負担になると想像しますので、手術をした
際の予想される効果の大きさと秤にかけることになります。
進行性でさらにまた手術が必要になるのだとしたら、手術の間隔と予後の回復
度合いによるでしょうけど、そんなに辛い生活よりもなるべく平穏な生活を
させてあげたいとも思います。
金銭面は実際に払ってみないと実感が湧きませんが、やはりどこかで限界を
感じることはあるかもしれません。
下半身不随の猫を飼っていらっしゃる方は何人も聞いたことがあるので、
まだなんとかなると思うことができるのですが、痛みが継続するというの
だと本当に可哀想なことです。その場合は痛み止め(それが体に悪いもので
あっても)を使ってQOL優先の治療をしていただくと思います。

しかし、これからのことを考えると、ブリーダーさんから購入したということ、
まだ3ヶ月半しか経ってないこと(愛着を持つには充分な時間だとは思います
けど、決して長い時間ではないでしょう)から、ブリーダーさんにお返しに
なっても誰もバロママさんを責めないと思います、と敢えて書いておきます。
ブリーダーさんがどうお考えになるかわかりませんが、先天的という診断が
下っている以上は少なくとも主体的に関わる責任があると思います。
また、仔猫の両親や兄弟猫のブリードについても慎重な姿勢が求められると
思います。

メインクーンということで、脊髄性筋萎縮症という遺伝病のことを思い出し
ましたけれども、それとは関係ないのでしょうか?
検索していただくと少しだけ出てくると思いますが、情報は少ないです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。