獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200307-100

レス3題
投稿日 2003年7月31日(木)21時50分 ダリ

>みつきさん
フェレットは飼ったことがないのでちょっとよくわからないのですが、うちの
猫にとっては格好の獲物となるサイズじゃないかなあと想像します。
(体はすでに大きいけどまだまだやんちゃ盛りの仔猫)
みつきさんの場合は先住者としてフェレットがいたので、比較的上手くいき
やすいケースだとは思います。まだ仔猫ですし。
でも危険性も充分に意識して注意した方がいいと思います。
仲がよくなるかどうかは猫同士であったとしてもホントに運ですから、あまり
期待しすぎない方がいいですよ。仲良くはならなくても縄張り内にいることが
許容できるようになれればオッケーです。
「猫とフェレット」というキーワードで検索するといくつか共存している方の
サイトがヒットしましたので覗いてみてください。

>みみさん
そのご旅行では何をされる予定ですか?
といいますか、日中、猫ちゃんと常に一緒に過ごせるような旅行ですか?
今の時期だと日の出から日没までの間は猫を車中に残すことは考えられません。
エアコンをかけて出かけるのも万が一を考えるとやめた方がいいです。
(スイッチが切れて子供が死亡した例がありました。盗難の危険も)
私としては狭さよりもこちらの問題の方が心配になりました。
(車内だけで5泊というのもかなりストレスが溜まりそうですけど……)
猫を同伴して行けるところはかなり限定されますし、旅行の目的によっては
充分に楽しめないと思います。例えばキャンプなどのような猫と一緒に充分
に楽しめるような内容の旅行ではないのでしたら、留守番をしてもらった方
が猫にとっても人間にとってもハッピーなのではないかと思います。
(可能ならペットシッターや知り合いの方に通っていただくのがお勧め)

>まつりさん
うーん、ちょっと判断に迷うところですが、一匹の猫からそんなに大発生する
というのは結構特異な状況ですね。
ノミ(今はほとんどネコノミといわれる種類)は実のところそのへんの草むら
にいくらでもいます。ノミのいる猫一匹が外を歩くだけで大発生というのは
ちょっと想像しづらいんです。
その猫はご近所のお宅にも自由に入り込んだりしているのでしょうか?
そうだとしたらありうるかもしれません。
もしもそういう状態でさらにその猫に触れるようでしたら、ぜひ獣医さんに
相談してスポットタイプの薬(市販のものでは効き目が弱いです)を購入して、
猫につけてやってください。そうすると猫は「生きる殺虫剤」と化してノミを
どんどん退治してくれます。効き目は抜群ですので、自費で負担される価値す
ら充分あると思いますよ(ちょっと悔しいですけどね)。
他に有効と思われるのが、家の内外の大掃除です。ノミの卵や蛹などは長い
期間生き延びて季節がよくなると一斉に成虫になります。たぶん、まつりさん
のご近所は全て家の中にも外にもたくさんその類が眠っているのだと思います。
家の隅々まで掃除機をかけて、発生源になりそうなもの(猫の寝床とか枯れ葉
が溜まっているところとか?)を取り去り、さらに薬剤散布するといいかと
思います(薬剤使用は安全性など充分に気をつけて)。床下、天井裏なども
掃除した方がいいです。ゴミは焼却するか、よーく密閉して捨ててくださいね
(掃除機の紙パックも)。
猫のいる家では猫のノミ駆除と大掃除を並行して行うのが普通&効果的です。
自治体の生活衛生課のようなところで知識を持っているようなので、詳しくは
相談されるといいかもしれません。かなり大規模ですしね。
ネット上にもノミの生態に関してはかなりの情報の蓄積がありますので、退治
するポイントがつかめると思いますよ。
大変だと思いますが、がんばってください〜。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。