獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200307-68

みいにゃんさんへ
投稿日 2003年7月18日(金)19時12分 ダリ

こんにちは。
兄弟猫がいてやはりまだ2回目のワクチンを打ってないのだったら、感染する確率は
当然高いと思います。
(この時期は母猫からの移行免疫が切れかかる時期で、でも切れる前にワクチン接
種すると効かないので、2回接種して確実に効くようにするんです)
薬に関しては、今回のが当てはまるかどうかは知りませんが、一定量以上服用しな
ければ効かないしその後体から排泄する機能も働かないということを聞いたことが
あります。人間での話ですけどたぶん同じでしょう。この効果を考えて出されている
ので、お医者さんでもらった薬は全て服用するべきなのだそう。
(痛み止めなんかは痛かったら服用するわけなので、全部が当てはまるわけじゃな
いようですが)
獣医さんでは(上手く飲ませられないこともあったりで)「多めに出しておきますね」
なんていわれることもありますので、この限りではないと思いますけど、やはり素人
判断で薬を転用するのは賛成できません。少なくとも相談してからがいいと思います。

前回これが人間でいうインフルエンザに相当するもので、普通は獣医さんに行くもの
だということを言いましたけれども、お父さんにも同じことは話されましたか?
「猫ウイルス性鼻気管炎」「猫カリシウイルス感染症」について検索されました?
検索すればかなり詳細な解説、対処法などが記載されたページが見つかります。
(ご家族にもお見せになるといいと思います)
最悪の場合は、もちろん死亡しますし、楓さんもおっしゃっているように後遺症に生涯
悩まされることにもなりかねません。でも軽いうちに対処すれば仔猫によくある通過
儀礼として何の問題もなくクリアできます。
ある程度経験のある飼い主だと、その症状を聞けば「早めに獣医さんに行って治さな
きゃ」と大体判断すると思うのです。

動物を飼うためには、それ相応の知識、判断力、お金が必須です。
お金に関してみいにゃんさんが負担するのが難しいのであれば、やはりお父さんや
お母さんに理解してもらうようにがんばってもらいたいと思います。
ワクチンの必要性は理解されているんだから、冷静に話し合えばわかってもらえる
と思いますよ。(^^)

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。