獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200410-11

肛門膿炎について
投稿日 2004年10月3日(日)20時49分 投稿者 みれい

初めて投稿します。オス猫6歳なのですが、肛門嚢炎を1年の間に2回も発症しています。
左右両方ともです。
また今回も炎症がすすでしまったようで、オシリの横部分に穴があいてしまって肛門嚢膿瘍を起こしてしまいました。
腫れている時から気づいたので獣医さんで注射と飲み薬を処方され、飲み始めて4日目で今の状態です。
繰り返すようなら外科的手術で肛門嚢の切除も出来ると言われていますが、この手術をした場合の猫の体へのリスクはあるのでしょうか?
場所が場所なので、排尿・排便などの行為に支障が出たりしたらと思い心配です。
私が絞るのが下手なので定期的に、獣医さんへ肛門膿を絞りに連れて行こうかとも思っています。
今後このような炎症を起こさせてないために猫に一番良い方法のアドバイスをよろしくお願い致します。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。