獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200410-119

バンビさんへ
投稿日 2004年10月21日(木)18時45分 投稿者 こゆき

避妊手術のタイミング!私以前に確認しました。
うちの子は女の子でただいま2歳、手術は1歳5ヶ月目です。
何件かの獣医さんに聞いたところ、やはり『発情中はしない」という病院と、『いつでも平気』というところがありました。常時オッケーな病院の共通項は、発情中はしないという病院よりも手術代が比較的安く、大体日帰りなんです。糸の種類や、先生の考え方の違い、或いは地域差かと思いました。
その事を野生動物の銃医師免許(表現が正しくないかも)を所持している人物に話したら、以下のような指摘を受け、術後でしたが改めて数件の病院に確認を取りました。結果、その方の指摘通り『発情中はしない=卵巣・子宮の摘出。発情中は子宮周辺に充血がある為出来ない』で『いつでもオッケー=卵巣のみ摘出』という相違がありました。
ちなみに術前には絶食などの指示は受けましたが、前述のような説明は受けませんでした。
それまでに本を読んでおり(私、本の引用ばかりですね)、『雌の否認のメリットは、卵巣・子宮の病気を防止できる』とありましたので、両方の摘出が当然だと思っていたのでちょっとおどろきましたね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。