獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200410-17

Re:肛門膿炎について
投稿日 2004年10月6日(水)00時15分 投稿者 にゃん吉

みれいさん、はじめまして。
ネコちゃんのお尻に穴が空いて膿んでいるとなるととっても痛そうですね(+_;)
早く治って繰り返さないようにしたいですね。

>繰り返すようなら外科的手術で肛門嚢の切除も出来ると言われていますが、この手術をした場合の猫の体へのリスクはあるのでしょうか?
>私が絞るのが下手なので定期的に、獣医さんへ肛門膿を絞りに連れて行こうかとも思っています。

迷うのであれば、定期的に獣医に絞ってもらうことを続けてみてはいかがでしょうか。どのくらいのペースになるのか、費用と効果がそのまま続けるか手術に踏み切るか判断材料になると思います。みれいさんが絞るのが上手になれるかもしれませんし(^^)
ただ、手術については、どんなことをして、だからどういうリスクと効果があって、その後どんなことになるのか、主治医とよく話す必要があるのではないでしょうか?
リスクというのは必ず伴うものですが、それがどの程度のものかは、実際に手術をする獣医とよく話を聞き、質問をしましょう。猫ちゃんの状態が分かるのは実際に診た獣医でなくては分かりません。

ネコBBSではネコ飼いさんが集まる場所なので、同じようなお悩み、手術をした方のお話が出ればよいのですが、、、
もし、獣医師にも意見を求めたいのであれば、意見交換BBSの方が多く訪問しますのでそちらにも投稿されると良いと思います。

http://www.vets.ne.jp/bbs/c_0000.cgi

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。