獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200410-54

RE:Re:獣医はビジネス?
投稿日 2004年10月14日(木)12時33分 投稿者 プロキオン

> 藤さん

返答のレスおそれいります。

件の先生は、おそらく爆発しちゃったのではないかと想像します。きっと
藤さんだけではなく、何人もの飼い主さんが療法食でショップの方へ流れて
しまったのではないでしょうか?

動物病院は個人商店ですので、まず、資本力が小さいのです。親の代から
の病院でも受け継いでいればよいのですが、自ら開業した者の方が多いの
で、資本が小さいどころか、多額の借金を抱えて、マイナスからのスター
トであるのが一般的です。
疾病やそれにまつわる飼い主さんの要望に応えるためには、さまざまな検
査機器も用意せねばならず、これらの機器もその使用頻度から行けば、検
査料金だけで、原価償却できるものでもなく、薬品や療法食へ広く薄く載
せるしかありません。(耐用年数もありますので)
したがいまして、この小資本の個人商店で、借金を背負い、償却のむずか
しい備品を背負ってということで、価格競争に立ち向かっていかねばなら
ない「苛立ち」は、まずは御理解願います。

ただ、ここまでは獣医師の内情ですので、それをいちいち飼い主さんに説
明することはないでしょうし、逆に「お山の大将」「プライドばかりが高
い」方も多く見受けられるのも事実です。見栄を張って、その辺りの事情
を隠したがるのもありそうな話しです。
ビジネス、サービス業なのですが、「武士の商法」になってしまっている
点はあると思います。

恐らくは、何人かの「お客さん」をとられてしまい、その憤懣やる方ない
気持ちを、来合わせた藤さんにぶつけてしまったというところが、実情で
はないかと想像します。
ただ、それ自体は言い訳でしかありませんから、藤さんは現場のやりとり
からの判断で行動されてよろしいように考えます。
「不快な思いをした商店は利用しない」で、りっぱに通用する理由となり
ます。致し方のないことと存じます。


ワクチンについても飼い主が自ら考えてきめるでよろしいかと思います。
別段、法律で強制されているわけでもなし、1度も接種していない飼い主
さんも多く見受けられますので。

昨夜のフジテレビ「トリビアの泉」で80歳以上の老人に諺のアンケート
をとっていました。日本人の人口に対してどのくらいのサンプルを必要と
したかがポイントなのですが、その数は2000名でした。
このくらいのサンプル数であれば、80歳以上の日本人の人口に対して得
られたデーターに偏りがなく、ほぼ正確と言えるのだそうです。

猫のワクチンが3年間有効とする某メーカーの試験は、比較対象とする数
までいれて15頭のサンプル数にすぎません。

空調の効いた部屋で栄養を管理されての試験です。外部に出ていっていな
いので、野外ウイルスと接触していない。したがって、免疫抗体価は外猫
達よりも減少しているはずなのに防御効果が認められた。
サンプル数の少なさは統計処理しているので、充分だというのが、3年を
主張している先生方の言い分です。

私がこれらの言い分に納得していないのは、この猫のワクチンが免疫の中
のIgGではなく、IgMやIgAの分画が高く維持されなくては、感染
阻止の有用でないと考えているからです。
これらの分画はワクチン接種後あるいは、ウイルスに接触しても、直に失
われてしまうので、3年どころか半年も維持できないのです。それ以降の
期間というのは、IgGによる症状の軽減にしかならない点です。

そしてもう1点のサンプル数ですが、統計処理ってなんなのでしょう?
実の所、各制薬メーカーの発表で統計処理して「有効でなかった」という
試験発表を私は見た事がありません。
酷い話になれば、ある皮膚炎のサプリメントを効果があったと発表されて
いた先生がおりまして、後に会食する機会があったので、その効果の程に
ついて質問したところ、「あれは、さほどのことはない」とはっきりと言
われてしまい、耳を疑ったことがあります。
# 以来、私は新製品にはとびつかないを旨にしています。

私も生物統計学を学生時代に履修していますが、母集団がとてつもなく大
きい時に サンプルをどのくらいとすれば、偏りのない普遍的なデーター
といえるのかの学問です。サンプル数が多ければ多い程信用度は増すが、
無制限に多くしても無駄があり、必要なサンプルはどのくらいかというこ
とにつきるのです。
で、私の病院ではワクチン接種してあるにもかかわらず感染してしまった
猫が3頭います。(私が飼育している猫でということです)
患者さんで多頭飼育をしている飼い主さんも何名かおりますので、その方
達のところの猫をあわせると、1軒の動物病院で3〜4名の飼い主さんが
集まれば、ワクチン接種から1年以内の感染のサンプル数が15頭集まっ
てしまうのです。
どのような統計処理をしたのかは私には皆目想像できませんが、15頭で
よいのであれば、私もワクチンは1年も有効で無いという事が可能ですし、
それを日本中やアメリカ中の猫に対して適用してよいことになります。
むろん、そんな意図はありませんが、そのくらい簡単に遭遇してしまうこ
とに問題があります。私が3年有効説を受け入れ難いのは、そういう点か
らなのです。

昨夜の番組では猫のワクチンに関係のない話しで、意図的なところのない、
純粋に統計数としてのサンプル数として80歳以上の老人数に対してサン
プル数2000が提示されていたわけです。

思惑やビジネスの絡む余地のある話ではありますが、私としては一応、事
実としての話をしております。
獣医業は、たしかにビジネスでありますが、ビジネスだけで割り切るのな
ら、もっと率の良い職業はたくさんあるでしょう。
ビジネスだけでは割り切れないもの、ビジネス以外にこの仕事を続けさせ
るものも、確実に存在しております。
お金だけであれば、この仕事を選んでおりませんし、今まで続けてこなか
ったと思います。
この仕事をすべてビジネスと受け取られてしまうと、獣医師としては寂し
いものがあります。ビジネスに換算できない部分を汲み取っていただけた
ら幸いに存じます。
# もとスレッドのぐうさんへの意見と矛盾してしまいますが…。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。