獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200603-36

アミさんへ
投稿日 2006年3月17日(金)09時19分 投稿者 けりーずはうす

猫はまだ若く、完全室内飼育なのでしょうか。
その仮定でお話しますと、徐々に人の生活リズムに合わせた睡眠を
とるようにはなりますが、それまでは猫が昼間退屈しないでいる
工夫をなさることも大切でしょう。

猫は家の中からでも鳥や虫が飛んでいるのを眺めるのが大好きです。
特に高いところからは。
キャットタワーを窓際に設置し、外を眺められるようになさってみることが
一つ目の提案です。
アミさんの日常もわかりませんが、猫さんが昼間は留守番をしているとして
人が一緒の時はなるべくおもちゃなどを工夫して遊んであげること
それで猫が眠る時間を少しずらすといいでしょう。
またキャットタワーにもおもちゃをぶら下げたりすると昼間ひとりでも
遊んでいたりします。

それでも無理な場合は、やはりしばらくは寝るときはケージに入れて置いて
人が起きてくる時間まではおとなしくしておくリズムをつけてみるのも
いいと思います。
このケージに入れる習慣を身に着けておくと、病気の際の入院時に
ケージに入れられるストレスが軽減されます。
可能であれば実行しておかれると良いでしょう。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。