獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200604-32

2つの質問について
投稿日 2006年4月10日(月)16時27分 投稿者 けりーずはうす

amukun0616さん
最初の手術から4年が経過してるとの事から、現在出来ているものが
同じ病気であるとは断言できません。
診断も下されてもいない病気を、診察もしていないものが適切なアドバイスは
無理と思って下さい。
まずは、診察の上、手術が必要な状態か否か、または手術を選択しない
場合の治療法をご相談されるべきでしょう。

また、9歳という年齢から手術をためらわれているようですが、何が問題であるのか
私には分からないです。
そもそも、「腫瘍」とは高齢になってから出来るもので、9歳ではこれらの手術の中では
比較的年齢は低いほうでしょう。
何か基礎疾患があってのことでしょうか。
もう一度これらのことについても主治医の先生とよく話し合われる方がいいでしょうね。

れおさん
食べないのは確かに、下顎骨折からでしょうが、手術をした後も食べないということ
でしょうか。
それとも手術前に食べさせたい、ということでしょうか。

やはり、食べるたびに折れた部分が動くので、痛みが走るのでしょう。
下顎骨折は手術前にはほとんど食べませんが、手術をしますと、とたんに
食べるようになるものです。
手術前に何をするのかは、主治医の先生にご相談なさったほうがいいでしょう。

また、手術後であれば、痛みが引けば食べるようになるでしょうが
猫が警戒しないで安心して食べられるような環境は整えていらっしゃるでしょうか。
ケージなどをバスタオルや新聞で覆い、こちらからもあちらからも
あまり見えないようにしてあげるほうが当面は猫が安心できるはずです。

猫は暗くて狭い所が大好きです。そういう場所が最適でしょう。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。