獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200604-44

ゆううつさんへーメス猫の泣き声
投稿日 2006年4月17日(月)16時04分 投稿者 しっぽ

はじめまして。
うちはオスとメスがいて、発情を経験しましたので、お気持ちよくわかります。
私も、鳴き声は発情ではないかと思います

うちのメス猫の時は、外を見て1日中鳴き続け、猫の部屋が、私たちの少し近くの部屋にかわってからも、夜中に泣きながら出たがり、扉をよじ登っていました。
先生に手術をすすめられていましたが、避妊手術をするのが遅れてしまいました。
が、手術をして、ピタッと泣き声がしなくなった時、それまで6ヵ月の間(子猫を産んで、外猫から室内飼いにして〜手術まで)、(発情でとてもつらかったんだな、早く手術してやれば良かった)と思いました

発情は、女性には、想像しにくいものですが、たとえて言うと、とてもお腹がすいている状態らしく、それが一日中、何カ月も続くというと、精神的にも、体力的にも、つらいのではないかと思います

ネコちゃんは、ゆううつさんと一緒にいるのが嬉しい反面、環境が変わったりして、慣れないせいがあるのかもしれません。
健康診断もかねて、動物病院に相談されてはいかがでしょう。
お金は、全国ではありませんが、自治体によって手術の補助金が出るところがありますので、役所に問い合わせてみられたら、いいと思います。一部補助金でも、助かりますもんね。
病院によっては、クレジットカード(分割払い)が使えるところもあるし、カードが使えない病院でも、全部の病院ではないですが、病院(先生)によっては、分割にしてくれるところもあるそうですので、相談されてみられてはいかがでしょう。
ゆううつさんも大変だと思いますが、猫ちゃんは体がつらいのですから、どうか、たたいたりせず、病院の助けを借りられたらいいと思います。
大変なおもいをした分、後で、より動物との絆が深まると、私は思います。
ゆううつさんと猫ちゃんは、いい家族になると思いますよ。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。