獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200604-48

Re 慢性腎不全について
投稿日 2006年4月18日(火)22時27分 投稿者 けりーずはうす

腎不全の処方食は、フードの性格上、他の物を混ぜてしまうと意味を成しません。
どうしても混ぜなければ食べないのであれば、処方食を止めるか
他社の同じ目的のフードや缶詰も試してみたりができます。ご相談なさいましたか?

ネフガードの成分はヘルスカーボンといい、つまり「炭」です。
これは吸着剤として投与します。食べ物などにある有害物質(選択はできませんが)を
この炭が吸着し、便として排泄します。そうすることで、腸内から有害物質が
吸収されず、血液中に貯まらないという目的で使用します。
ですから、半分投与すれば、半分だけ有害物質が吸収されないと思っていただいて
いいでしょう。
もちろん、体重に見合った量を投与することが理想でしょう。3kgの猫と5kgの
猫は食べる量が違うはずですから。
このネフガードも錠剤タイプがありますので、どうしても顆粒状では投与しにくい場合は
主治医にご相談なさってみてはいかがでしょうか。


また、今後も腎不全について付き合っていかなくてはいけないので、こういう
小さなことでもいいですから、主治医の先生ともう少しお話をなさってみては
いかがでしょうか。
猫さんが腎不全とうまく付き合っていくためにも、投薬がお互いのストレスに
ならない方がいいはずです。
治療は飼い主さんとの2人3脚です。足並みをそろえるために、頻繁に
主治医の先生とコミュニケーションをとっておかれると今後のためにも
よろしいかと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。