獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200604-68

まほさんへ
投稿日 2006年4月23日(日)22時35分 投稿者 けりーずはうす

セカンドオピニオンを求めることは決して悪いことではありません。
または、主治医の先生に、もう一度現在の状況を説明し、回復するための
治療法があるのかご相談されてもいいと思います。
しかし、今の症状からはなるべく早めの処置がいいとおもいます。

飼い主さんを責めるようではありませんが、腎不全は急性のものと慢性のものとが
あります。
主治医の先生が慢性化しているとの判断をなさったのなら、数ヶ月前から
多飲多尿の症状があったと思われます。しかし、外出をさせる猫では
その観察がどうしても行き届かない部分があるでしょう。
また、その後、食べていても、自然に痩せてきたという段階もあったと
思います。お心当たりがありませんか?

厳しいことを言うようですが、外出をさせるのであれば、なおの事念入りに
猫の体調に気を配ることが必要と思います。
また、年に1回の予防接種を受けに行ったついでに血液検査(健康診断のための)を
受けておくことも病気を早めに見つける方法のひとつですね。

猫さんの状態を診察していないので、助かるとも、そうでないとも言えませんが
主治医の先生を信頼していくのか、セカンドオピニオンを求めるのか
素早い判断が必要と思われます。
がんばってください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。