獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200605-19

re:猫の目の異常
投稿日 2006年5月8日(月)10時46分 投稿者 プロキオン

動物の目が白濁しているという場合、まず、白濁している部位が、水晶体か角膜である
というのが、普通のことだと思われます。
書き込みから、想像するに、瞳と表現されていますが、「角膜の白濁」ではないかと受
け取りました。角膜が白く濁った場合というのにも、おおよそ、「角膜の外傷」と「角
膜の浮腫」があるのですが、処方されている目薬が抗生物質であれば、まず、傷があっ
たのであろうと推測されます。
 # リビゲット自体がニューキノロン系の抗生物質製剤です。

角膜に外傷というか、損傷があれば、当然、痛みを伴いますので、左右の瞳孔の大きさ
に相違があるのは、不自然なことではありませんし、また、白濁の程度の如何によって
は瞳孔を通過する光の量にも差が生じますので、現時点では別に分けて考える必要はな
いと思います。
もし、角膜の外傷と別の要因ということになると、角膜を除いて、虹彩、水晶体、硝子
体、脈絡膜、網膜、視神経というように部位に応じて、異常のありかを探っていかなく
てはならないと考えます。

ヘルペスに罹患していたとありますが、これは伝染性鼻気管炎によって結膜炎を呈して
いたという意味ですよね。通常は、そこまで心配なさるほどのことはないのですが、同
じ眼のことであり、まだそれほどの期間が経過していないかもしれませんので、患者を
診察していない状況では、言及しない方がよいように考えます。 

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。