獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200605-54

医師による診断結果
投稿日 2006年5月18日(木)17時36分 投稿者 HAKI

返信遅くなりすいません。本日朝、仕事を午前中時間をいただき早速医師の下へ
向かいました。診察結果は伝染性鼻気管炎(猫ウィルス性鼻気管炎)の初期症状による
結膜炎の可能性との事、現在は生後10日以上経ったぐらいなので子猫の免疫力で抑えられてるということで食欲旺盛・排泄順調・睡眠良好。目の治療は目薬から軟膏になり
今の大きさだと目が小さすぎて目薬だと漏れてくるようです。目は瞬膜が赤く腫れがごみを取ってからはっきりとしてきました。1日二回の軟膏治療で様子を見ることにします。
皆さんとしましては他にこの結果から必要とすべき対処・治療の意見はいかがでしょうか?

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。