獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200605-59

咳?と苦しい呼吸、膀胱炎
投稿日 2006年5月19日(金)01時36分 投稿者 しっぽ

うちにくる前は外猫、過去に避妊手術された跡があり、推定10才の、室内飼いのメス猫です。
膀胱炎で、トイレにはいり『アオーン』とないてつらそうで、時々下痢もします

最近、あごを床に付け、『ハフッ』というような咳のようなものを、何回もします。
そして、数日前から、寝てもいない、丸く座っている時(香箱座り?)に、のどをゴロゴロいわせ、胸が、目で見てはっきりわかる位にバクバク動いています。
文字だけでは、回答しにくいかもしれませんが、考えられる病名があれば、教えて下さい。
病院につれていけばいいのですが、かかりつけの病院は、食欲や動ける元気がある、というと、検査をこばまれます。
私にしたら、食欲が無くなってからでは遅く、飼い主だから、【いつもと違う】とわかる。病気なら、【早めに治療してやりたい】と思うのは、人間も動物も同じだと思います

永眠した白血病の猫がかかっていた時も、呼吸が苦しくても触診すると、大丈夫といわれ検査されず、結局だんだんひどくなり、後にまた連れていってレントゲンなどを撮った時は、すでに病気がすすんでいるのがわかりました。
病気もさることながら、苦しくなってから、つらい検査をさせて、とてもかわいそうでした

待っている動物がいるから、とか病院にも色々事情があると思いますが、検査をやらなくていい、という医師に、検査をして、というのは、どのような言い方をしたらいいか、いつも悩みます。
病院はかえられないので、飼い主の方、先生方、助言をいただけたら、助かります。よろしくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。