獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200605-89

留守番、その後。
投稿日 2006年5月28日(日)17時15分 投稿者 チャオ

以前老夫婦が飼ってる猫(13歳)がひとりで留守番ということで相談させてもらったものです。
毎日ご飯、トイレの世話に行き始めて、もう20日になります。
最初は威嚇されてたし、側にも寄ってこなかった猫が今では、すりすりしてきて本当に可愛くて仕方ありません。仕事の合間に行く為一日多くても2回ほどしか行けないのですが、今日は休みだったので5時間ほど側で過ごしました。
元々小さい頃に人間に虐待された所を保護された子なので、人に懐かないのですが、私にも甘えてくるのは飼い主が居ないので、淋しく人恋しいんだと思うと、可哀想で仕方ありません。
飼い主の留守も最初1ヶ月半ぐらいかと思ってたんですが、病状も重くいつまでかかるかわからなくなってしまいました。
あと、飼い主のご主人は認知症でお世話していた奥さんが今回入院され、病状が思ったより重く、猫の今後について安楽死の話もあり、世話をして懐いてくれる猫を見てると辛くて仕方ありません。私が自分の家につれて帰り飼えればいいのですが、家には今すでに猫が2匹いて、もう飼えないというより、猫同志のストレスを考えると無理だと思います。一軒家なら部屋を別にしたらいけそうですが…12畳の部屋ひとつなので、分ける事も無理で、何もしてあげれない自分が申し訳ないです。
今すぐにはないと思うのですが、その先に安楽死があるのかと考えながらの毎日の世話は可哀想で辛いです。
飼い主の帰りを1匹で待ちつづけてる、健気な猫なのに…。
すいません。つい書きこんでしまいました。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。