獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200606-28

>るちさんへ
投稿日 2006年6月9日(金)12時17分 投稿者 プロキオン

セカンドオピニオンは、近年よく口の端に登りますが、これは大きく誤解されている感
があります。
どういうことかというと、同じ症例を診察して、それぞれの病院で意見が異なったとき
どちらがより正確に言い当てているかということです。この点が最初の病院が常に誤っ
ているとは限らないということです。
最初の病院が正しかったのに、2番目の病院の誤った意見を受け入れてしまうというこ
ともあるのです。それは、まあ、飼い主さんにとって聞きたくないこと、あるいは受け
入れがたいことに真実があるという場面もありえるからです。甘い言葉、やさしい言葉
が、医学的な正当性を保証するものではないという点ですね。
5軒6軒あるいは、7軒8軒と動物病院を回っていけば、おおよその相場的な見解には
落ち着くと思いますが…。
普通の病気であれば、それでも良いのですが、特定の病気ということであれば、これは
もう、その病気について詳しいとされる病院に行くのでなければ、セカンドオピニオン
としての意味がありません。
「どんぐりの背比べ」では、セカンドオピニオンにはならないと考えます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。