獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200606-49

Re:お知恵を貸してください
投稿日 2006年6月14日(水)13時34分 投稿者 sutemaru

若いうちは遊びたいから、獲物がいるぞと言うような気持ちで足にじゃれ付く事は猫ではあることです。
勿論しない子もいます。
老齢でもする子もいます。家の場合、父が帰って来ると母が一日の報告をするのですが、それが嫌と言うか、自分を一番にして欲しいと言う気持ちからか、必ず母の足に噛み付きました。普段はしないのですが、父が帰って来るとしました。先に父がその子を抱っこしたりすると満足して咬みつきは無かったので、これは母への嫉妬だったと思います(^_^;)
10ヶ月と言うとまだまだ遊びたい時期ですし、避妊していたら性格は一生子供ですからずっとじゃれてくる可能性はあります。何時も側に猫じゃらしなど持てるようにして、足を狙い始めたらそれらを投げて遠くに行かせたり、足元で猫じゃらしの方にじゃらせるなど、気を他に持っていかせると良いですよ。結構痛がったり、騒ぐと、楽しいと言う気持ちに輪をかけているかもしれません。野生の場合、動くものにじゃれ付くのは本能ですから、熊じゃないけど死んだ振りをするみたいに、動きを止めて構わないなどもつまらないやとやめてくれるかも知れません。大体はもっと小さい子猫の時に結構人の足を柱と間違えているのか、駆け上られて傷だらけ、すぐ子猫がいるでしょうとばれる傷が付くものですが、体重が増えてそれをされたら「ギャー」じゃすみませんものね。前足で抱え込み、後ろ足で蹴り飛ばすのは本来の猫の姿ですが、そのままだとお客様が見えてもそうする子になっても大変です(そういう子も居ましたもので(-_-;))。気をそらすものを何か考えてあげてくださいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。