獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200903-6

飼い猫の攻撃行動がひどくて困っています
投稿日 2009年1月8日(木)00時36分 投稿者 なお

はじめまして。なおと申します。
5歳雑種の雌猫を飼っています。以前は誰にでも愛想の良い子で、威嚇や攻撃などしてくることはありませんでした。

1年ほど前私はその場にはいなかったのですが、父と妹の大げんかの場に居合わせていた猫が、お皿が落ちる音と同時に絶叫し、驚いた父と妹がこたつ布団をめくるとものすごい勢いで妹の足に攻撃をしようとしたらしいのです。
慌てて父がかばおうとしたところ、その父の手をひっかいて机の上で威嚇し始めました。
連絡を受けて帰ると、ずっと机の上に陣取って威嚇し続けている猫の姿がありました。
どうも動く足が嫌な様だったので、バスタオルで隠しながらなだめすかして私の部屋に
連れて行きましたが、1週間位警戒がとけませんでした。

落ち着いてからは以前のように戻ったのですが、半年前に今度は母が軽く足でぶつかった上に目の前に開いた傘を降ろしてしまい再度同じような状態になってしまいました。

それからは異常に妹に対して警戒がひどくなり、ちょっと妹がいらついた声を上げたりしただけで威嚇を始めたり、動こうとした足に攻撃しようとしたり、テレビの大きな音や
外を行く女の人や子供の大きな声にまでびくついたり威嚇するようになってしまいました。

それでも父や母や私にはそれほど警戒心を見せず、足にすりよったりだっこせれていたのですが、今日になって今までお風呂上がりに父が裸足でも威嚇しなかった猫が、父の裸足をみて警戒し始めました。警戒がとけきっていなかった猫を父が大丈夫だろうと抱き上げて私に渡した瞬間、絶叫とともに父の足に攻撃をし威嚇しだしました。

その後も居間で私と母を威嚇し続け、私の足にも2度ほどけがのない程度にたたきにきていた猫は、一度けがの治療に別室に居た父が顔を出したとたん可愛い声をあげて父に抱かれて私の部屋に隔離されました。

落ち着いたようだったので自室に戻り、かまってくれと寄ってきた猫をなでたりしていました。しかし、それまでは何度部屋の中で立ち上がったり動いても大丈夫だった猫が、
トイレのチップをならしてあげようと動いたとたんに絶叫し、両足に攻撃を仕掛けてきました。なんとか布団に逃げ込みましたが警戒がなかなかとけず、父に協力してもらい今は私の部屋に閉じこめてあります。私は今日はこのまま居間で寝ることになっています。

一度病院に相談に行ったのですが、足に固執するなどいろいろ珍しい症例なのでとアドバイスがいただけず途方に暮れています。

ストレスのことを考え近日中に避妊手術に行く予定だったのですが、この状態ではそれも
ままなりません。大きなケージがまだないので明日にでも購入してそちらに隔離しようと
考えています。

どなたかどんな些細なことでも良いのでアドバイス願えませんでしょうか。
長文乱文にてしつれいいたしました。



◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。