獣医師広報板ニュース

ハムスター・リスなど齧歯類掲示板過去発言No.1300-200501-98

ならちゃんさん&ななえさんへ
投稿日 2005年1月19日(水)15時01分 投稿者 さくら

ご丁寧なお返事本当にありがとうございます。



やはり上げ過ぎなのですね〜。

実は昨年の6月から飼い始め、初めは今と同じペレットのみ与えていたのですが、ペレットのみでなく副食も与えるよう読んだ本に書いてあったりして、でも良く分からないので市販の乾燥させた野菜or果物とチーズorにぼしorひまわりの種を毎日少しずつ上げ始めたら急激にぷっくらしてきたので、これはいけない?!と思い、おやつ類は全てやめて現在のあげ方にしていました。



体重は現在二人共30gです。



ペレットの保証成分は、たんぱく質:23.0%以上、脂肪:3.0%以上、繊維:5.0%以下、灰分:8.0%以下、水分:10.0%以下、カルシウム:1.0%以上、りん:0.7%以上となっています。

その他成分として、鉄、銅、コバルト、亜鉛、ヨウ素、マンガン、塩化ナトリウム、ビタミン(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K)、葉酸、パントテン酸、ナイアシン、コリン、ビオチン、リジン、メチオニンが含まれていると書いてあります。



副食としては、野菜や果物を上げるのが良いのですね。

チーズやにぼし、ひまわりの種は数値を見て判断といった感じで。

ミルワームはどうしても私がだめでして;;代わりににぼしをと思って与えていたのですが。^^;



年齢に合わせてペレットを変更したとありますが、参考までにどんな風に変えたのか、よろしければ教えてくださいませ。



飼育日記には、体重、ペレットの減った量、尿、糞の数を付けています。

気温を付けるのいいですね、今日から追加しようと思います。



飼い始めて1ヶ月の頃、私の不注意で1人の子の後ろ左足を骨折させてしまいました。

すぐに病院へ行って応急処置として足をお腹に固定し胴体にテーピングをしてくれたのですが、思ったとおり朝にはテープははがれ、骨折部の皮が破れ骨が出てしまっていました。

結局切断することになってしまい、涙が止まりませんでした。

それからしばらく立ち直れず、ケージを何度も変えたり、中の物も危なくない物に変えたり、餌もそうですね、必要以上に神経質になっていたかもしれません。

でも、もう1人の子の様に変わらず元気に走り回る姿を見ている内に、少しずつですが立ち直れました。

今では怪我の部分も完治したようで毛もふさふさしています。



冷静になったつもりではいたのですが、まだ少し考え過ぎな部分があったのかもしれません。

でも、自分でストレスは感じていませんので、ご安心ください。

ご心配ありがとうございました。

おかげ様で、少し気持ちが楽になりました。



お二人のご意見、大変参考になりました。

また何かオススメや注意点など、どんな小さなことでもいいです、お気付きの点がありましたら教えてくださいませ。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。