獣医師広報板ニュース

ハムスター・リスなど齧歯類掲示板過去発言No.1300-200706-34

sutemaru先生
投稿日 2007年3月1日(木)23時08分 投稿者 もただつ

ご無沙汰しております。昨日、病理検査の結果が出ました。以下転載致します。
所見:赤血球、粘液成分を背景にマクロファージを主体とし小型リンパ球や偽好酸球等を混じた細胞が出現しています。その他、紡錘形細胞も散見されます。
コメント:粘液成分が採取されていることから、関節に関連した病変である可能性も考えられます。出現している紡錘形細胞は炎症に伴った線維芽細胞であると思われますが、腫瘍細胞である可能性も完全には否定できず、確定には組織検査が必要です。
との結果でした。先生は、病変を確定させるのであれば骨髄液の採取が必要だとおっしゃいましたが、正直なところ麻酔や身体のダメージと確定した結果の治療(対処療法しかない現実など)に関して秤に掛けたら骨髄液の採取まで行う事が出来ません。迷いが無いわけでは無いのですが・・。sutemaru先生はどうお考えですか?宜しければお聞かせください。現状「腫れ」自体はピークを過ぎたようですが、着地させることは出来ないままです。脚付け根辺りが痛むのだろうと思われます。ストレスもあり、横たわる事が多いです。食餌は少ないながらも今のところ、自力で出来ます。元々他のモルモットのコより警戒心の薄い(?)コで、モルモットらしからぬ堂々としたコなので「しんどいから横たわる」風です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。