獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-199807-27

新しい家族が1羽ふえました
投稿日 1998年7月9日(木)14時28分 くまこ

みなさん、こんにちは。
2匹めの子を飼おうかまよってる、と言っていたくまこです。
いろいろ考え、悩み、調べた結果、昨日、新しい子を迎えました!!
例の小学校の飼育小屋出身の、茶色いミニうさぎちゃんです。1、5キロくらいです。
じつは、25羽のうさぎに関してはずーっと気になっていたのですが、意を決して昨日見に行ってきました。
(行ったら絶対もらってしまいそうだったので、心と飼う場所の準備ができるまで、行けなかったのです。)
行ってみたら、あちこちの掲示板に載せてもらったおかげで、5匹くらいもらわれていったらしく、
今は15匹くらいになっているとのことでした(全部色が一緒で動いてるので、正確な数はつかめませんでした)。
でも、茶色いうさちゃんがわらわらいるのはなんだか微笑ましく、笑ってしまいました。
過密状態はだいぶ改善されて、飼育状況はまあ、いいんじゃないの、というかんじでひとまずホッとしました。
でもまだ多いかな・・・あと5匹くらいもらわれるとちょうどいいかもしれません。
私がもらう条件は「いまの子(ばにら)より小さい」「おとなの女の子」「おとなしめ」だったので、しばらく観察してそのような子をもらいました。
この条件は、HOUSE RABBIT SOCIETY の HPに書いてあったのを参考にしました。
名前は、その毛の色から くるみ にしました。

さて、気になる相性は、そんなに悪くないようです。
最初は、くるみをゲージにいれて、ばにらには見えないところにおいていたのですが、ばにらはニオイが気になるようで、フンフンかいでまわったり、そこらじゅうでう○ちぽろぽろ落としていました。おしっこもちょっとずつあちこちにしてました。
なわばり作り?)
それから、いつもより私に甘えてましたが、どうしても くるみのいる場所に行きたくって仕方がないようなので、ばにらを好きなところに行かせました。
それで、ゲージ越しにご対面しました。最初はお互い警戒していたようですが、ニオイをお互いひとしきりかいだら飽きたのか、ばにらはくるみのゲージの前で寝そべってました。
その間、くるみはにんじんや干し草を「こんなの食べたことないっすよ〜」と言わんばかりに、すさまじいスピードで食べてました・・・姉妹たちより小さい子だし、小屋では食いっぱぐれていたのかもしれません。
それで、深夜になって、お互いリラックスしてきたので、おそるおそる近づけました。そうしたら、無関心なくるみと対照にばにらはずんずん接近し、くるみを舐めたりしはじめました。くるみは緊張したのか、じっとしていましたけど・・・
一応、血を見る戦いにはなりませんでした。1日目にしては、上等かなと思います。やっぱり昨日はばにらをたっぷり可愛がってあげたことが、くるみに敵対心を抱かせないですんだのかもしれません。
ばにらもなんだかお姉さん気分で、いやではなさそうなので、仲良くなってくれると嬉しいです。

ばにらは闘病中だけど、今のところ日々の生活にはまったく苦労していないようだし、飼い主の勝手な思い込みですけども、仲良く出来るなら仲間をつくってあげたいと思ったのです。
くるみも、親兄弟とはなされて、かわいそうだと思ったのですが、もちろんずっと大切にします。ばにらには変わらぬ愛情を、くるみにも同じ愛情を、注ぎたいと思っています。
長くなってすみません。今後も2羽の生活をルポしますね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。