獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-199908-54

ひさしぶりのカキコです
投稿日 1999年8月14日(土)03時23分 はま

すごくひさしぶりのカキコです。
獣医さんの選び方の話がでているようですね。
わたしも最初はバスで40分もかけて通院していました。
特に悪い獣医さんでもなかったのですが
すぐに注射をするのでわたしとしてはちょっと不安も
ありました。
ある日、うちの文鳥が体調を崩してかかった時、
あの、小さな体に注射を打たれ続けてわたしは
病院不信になりました。
結局、1ヶ月もの間、注射に通い続け結局文鳥は
死んでしまいました。
特別な説明もなく悔しい思いをしました。
そして、その後近所に小動物専門の病院ができたので
開院3日目にさっそくウサギを連れて行ってみました。
開院したばかりで患者も少なかったのでしょうが
30分かけてウサギの飼い方をレクチャーされ、
目からウロコの思いでした。
人間の医療でもそうですが、やはりインフォームドコンセントが
大切だと思います。
受信する側も分からないことはどんどん聞いてください。
それで答えられないようならばその獣医さんのレベルは
そこまでなのではないでしょうか。
なんだか長くなりましたが病院選びの参考になればいいと
思って書きました。

>くまこさま
 おそらくかかりつけの獣医さんはわたしもお世話になっている
 獣医さんだと思います。もしかしたら一度くらいは
 病院で御会いしているかもしれませんね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。