獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200001-35

うさぎの避妊手術
投稿日 2000年1月15日(土)18時36分 おおた

うさぎBBSの皆様、今年もよろしくお願いします。

うさぎの避妊手術についての考え方ですがそれは飼い主の考え方だと思うのです。
私はうちのうさこ(4才半)に去年の10月、避妊手術を受けさせました。本当に
ここまでの道のりは長すぎて笑い話になるくらいでした・・・
私が最終的に決断できたのは獣医さんがやりますと言い切ったからです。(私はまだ
迷っていました)というのは、尿検査するとなぜか鮮血反応が出てしまい(血は出ていません)
何度しても鮮血が出続けたため、獣医さんが手術しましょうと言い出したのです。
検査でどうして?って悩むより手術した方が早いからって。(さすが獣医・・・)
避妊手術については1才半くらいの頃からずっと悩んでいました。女の子は歳をとると
子宮がんになる確率が高いと言われていたからです。でも、手術するには麻酔をかけて
お腹を切って、と考えるとちょっとためらわれました。麻酔に絶対はありませんと
言われたからです。もし、手術をして命を落としてしまったら手術しなければもっと
長生きできたと思うでしょう?そう考えるといくら考えても決断が出来ませんでした。
実際、うさこにはかなり大きな子宮腺がんがありましたので先生の診断は正しかった
のです。でも、手術のショックで食事を摂らなっちゃったうさちゃんやしばらく具合が
悪いうさちゃんもいないとはいえません。うちも術後2日ほどは痛そうでかわいそうでした。
ですからそういうことを考えた上でどうするか決めてくださいね。避妊手術をしないのが
いけないとは思いません。個人の考え方だと思います。
ホームページのうさこアルバムの中にお腹を手術した傷痕の写真も載っていますので
よかったらご覧ください。(ちょっとくらくらするかも)
手術をする際にはきちんと説明してくださる獣医さんにお願いしましょうね。それに、
やはりうさぎの手術に慣れている獣医さんを探してくださいね。
それと、やはり手術は若いうちの方がリスクが低くて良いそうです。治り方も全然
違うって話でした。
http://plaza15.mbn.or.jp/~usako/

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。