獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200103-16

いろいろお返事
投稿日 2001年3月12日(月)13時16分 にゃおみ媛@2兎飼

獣医さんなどでなく、ただのうさぎ飼いですが、参考になれば幸いです。


>ミミちゃんさん(外国製のゲージ)
どこかのうさぎ専門店で見たことがありますが、床がすのこじゃないので、
是非、すのこをいれてあげてくださいね。
びぎなぁさんが紹介されてるページをみて「足に優しい」とはあったけど、
やっぱり「足が痛そうだなぁ」って印象がありました。

前面でなくても、絶対、一部分はすのこにしたほうが、足の負担が少ないんじゃ?って思います。
びらんとかになっちゃったら、可哀想ですし。


>うさん(注射した後)
同じところに注射をつづけると、そういう風になりやすいとか聞きますね。
もしも、気になるようなら、お電話で、獣医さんに尋ねてみては如何でしょう?
ちなみに、膀胱炎で注射というのは、何のお薬だったのでしょう??
一時的なものだといいですね。膀胱炎も、早く治りますように!


>ユウジロウさん(おしえてください。)
うさぎに生理はありませんよ。
血尿がみられるなら、膀胱炎や結石、女の子なら子宮系の疾患の可能性が高いと思います。
是非、1日も早く「うさぎに詳しい獣医さん」に診ていただくことをお勧めします。

獣医さんに行かれる前に、是非、お電話をされてから、病院を選んでください。
現在の状況を説明し、子宮系の疾患の場合、子宮などの摘出手術(避妊手術)などやっていただけるのか
を聞いてみて、「うさぎの避妊手術などの経験もある」かどうか確かめてから
行かれるほうが良いかと思います。

1日も早く適切な処置が受けれて、1日も早く完治できることを祈っております。


>く〜ママさん(最近おりこうさんじゃなくなったんです)
生後半年くらいということは、人間でいうところの「反抗期突入」って時期でもあるかな?
今まではしなかったようなことをはじめたり...って時期だったり、
ちょうど発情してたりすると(ほんとはうさぎは万年発情タイプなんですが、特に...って時期などがあるみたい)
おトイレ以外にも、オシッコなどしちゃったり...ってこともあるみたいです。

あとは、新たなお気に入りの場所として、気に入っちゃったのかもしれませんね。
もし、そこでオシッコしてほしくないなら、匂いを残さないこと(すぐ掃除して、消臭スプレーなどをつかう)
そして、そこでシッポをあげるといった「オシッコしちゃうぞ」ってサインが見られたら、
「オシッコはトイレでしようねー」って、トイレに連れていってあげてください。

どうしても直らないなら、あきらめてそこにトイレを設置してあげるか、
玄関には行けないようにするかするしかないかも??

うちの子は、気を引きたくて、わざとトイレじゃないところでオシッコしたり...
って事もありますし、一度、何か訴えてないかしら?と、様子をよく見てあげたり、
してみてくださいねー。
一時的なものだといいですよね。


>長岡あいさん(悩んでいます)
こちらはご覧になれないのかな??と思いつつ...

飼って1週間でそこまで舐めてまとわりついてくれるなんて、
ほんと、人懐こい子なんですねー。
夏など汗をかきやすい時期だと、やたら素肌を舐めてくる子とか、
やたらGパンが好きなことかいますよ。
「ミネラル補給か!?」なんて考えもあったり...

あ、あと、うちのうさぎは、旦那の足の甘皮を食べようとします。
綺麗なものじゃないのに、何故なんでしょうね??
でも、ある程度、親愛の情のような気がしますけど。


>リエっちさん(はじめまして)
3ヶ月も食欲不振なんかが続いてるなんて「発情」の一言ですまされることのようには思えません。
獣医さんのお見立てを疑ってしまいます。

下痢の際など、コクシジウムなどの原虫などをチェックするための検便や
(腸内細菌の乱れもある程度わかるそうですし)、
お腹のはり具合や内臓の腫れなどをチェックするための触診や、
奥歯の不正咬合がないかなどの、お口の中のチェックはしてくださいました??

もしも、こういった検査などもなく、診断されたのなら、
至急、別の、もっと「うさぎに詳しい病院」に行かれることをお勧めします。
うさぎなどの草食動物の場合、「食欲がない」ってことは、すぐに死に直結したりもしますし、
もしもどこかに異常があるのなら、早く見つけてあげて、早く処置してもらって、
早く元気になって欲しいです。
でも、できたら何ともないものであることを願ってます。
http://ha2.seikyou.ne.jp/home/gong/

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。