獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200103-32

ウイルス性斜頸
投稿日 2001年3月23日(金)08時18分 ume

みらさんウイルス斜頸って診断されたのはどのような診断方法でしょうか?
またどのような薬で治療されているのですか?
ウサギの斜頸で多いのはやはり外耳炎から中耳炎そして内耳炎と波及していって
内耳神経や脳幹に炎症が波及することによって大部分は、問題のある側に頭を
傾けます。またこの場合には、眼振があることもあります。
外耳炎の理由は、細菌性(多くはパスツレラ)、真菌性、色々あります。
あとはズーノーシスでもある原虫のエンセファリトゾーンというものでもなります。
細菌性のものならバイトリル(エンロフロキサシン)を治療に用います。
僕が以前飼っていたものでは、中耳炎からのものでした。
それでは、また。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。