獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200107-42

人工授乳
投稿日 2001年7月13日(金)10時26分 momo

めぐみさん、はじめまして
私も人工授乳したことはないのですが、しないといけないかも?
という時があったので、準備したことがありました。
1日で母親が授乳再開したので、効果があったかどうかは分かりませんが・・。

それと人工授乳嫌がって飲まないっていうのは、母親をおさえつけて
お乳を飲ませようとしたんですよね?
本当はそれが一番効果があるし確実だと思います。でも、あまりにも無理そうなら
母うさのストレスにもなりますよね・・・。

私も人から聞いた内容ですので、メールしようとおもったのですが、アドレスが
書いてなかったので、ここに書きますね。できたら、次回からはメールアドレス
かいておいたほうが、私のように掲示板には・・ってためらってる人からも
メールで連絡があるかもしれないですよ。

【用意するもの】
●猫用ミルク(小動物用でもいいですが、液状になりにくいかも)
●ブドウ糖(おなかのもちをよくする為。動物病院でもらえます)
●料理用の温度計(場合によっては二本)
●うさぎがちゃんと口にくわえられる太さの注射器又は哺乳瓶(二個)
●ガーゼ

【あげ方】
●コゲマさんがかかれているように、ミルクの温度は39〜40度くらい。
冷たいとお腹をこわしてしまいます。

溶かした粉ミルクにブドウ糖を少しくわえる。これはお腹のもちを
よくするためです。

●ミルクの入れ物を湯煎にかける等して、常に39〜40度を保っておく。
哺乳瓶を使う場合、両方はからないといけないので、温度計も二本用意
して常にさしておいたほうが便利です。

でも、なかなかそんな口の小さい哺乳瓶はないので、獣医さんで注射器
もらったほうがいいかもしれません。かなり細いものがあります。
獣医さんによっては、注射器の先に、かなり細いゴムチューブのような
ものをつけて下さって、くわえやすくしてくださるかも?

スポイトはあげる量の調節が難しく、いっきにおしてしまって喉を
つまられるかもしれません。うまくあげられるならいいと思います。

●必ず飲み口をうさぎの口にくわえさせる。ここでしっかりくわえさせて
おかないと飲めません。ちゃんとくわえると、飲みたがって、吸うどうさを
すると思います。

●ちょっとずつしかあげられないので、1匹につき30分とかかかってしまう
かもしれません。でも、あせらずゆっくりあげて下さいね。
途中、ミルクがぬるくなったら、あたためておいたミルクに交換する。

●お腹のしわしわがなくなってきたら飲んでる証拠です。

●最後にお湯で絞ったガーゼでお尻をちょっと刺激してあげてください。
小さい頃はお母さんがお尻をなめてあげるのですが、してくれないと
思いますので・・・。その場でしなくても、刺激あたえておいたら、
そのうちしてくれるかも?

【要注意】
一気にあげると喉につまらせて窒息してしまいます。
ちょっとずつちょっとづつあげて下さいね。
あげる前に、どのくらいの量が出るのかとか、感覚つかむために
練習したほうがやりやすいかもしれないです。

あと、産室は牧草ですよね?
まだ食べられないとは思いますが、常にペレットも産室にばらまいておくと
口にあたった時に齧ってくれたりすることがあるそうです。
それに常にあるので、食べてくれるのも早いかも??
それに、母うさがペレット狙って食べに来てくれたらラッキーですよね。

なんだか、まとめられなくてだらだら長くなってしまってすみません

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:「ペット用品販売」「犬の快癒整体」OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。