獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200112-30

膿について。
投稿日 2001年11月14日(水)10時56分 AMANO

cyacya様>
手術のリスクは、ウサギが麻酔にあまり強くないことや抗生物
質の使用など気をつけることが多いこと、ストレスに弱いこと
などがあるのだと思います。探せばネットで情報もありますよ。
でも、リスクは大きいかもしれませんが、いい病院が見つかっ
て無事に抜歯できることをお祈りします。うちは関東圏なので
お力にはなれず残念ですが、膿による手術は何度かしました。

処置が遅れ、歯の一部が骨に融解して抜歯だけでは取ることは
できず、そこからの炎症もあって膿がたまり続けて、顎の骨の
変形もあり、3回に分けて5本の抜歯と変形した顎の骨の削り、
それでも骨に融解した取れなかった2本からの膿のアブセスの
除去を5回くらいはしたと思います。(1年半の間で…)
手術のたびに覚悟をして泣いたりもしましたが、放置すれば膿
は大きくなるだけで、それが原因で食べられなって衰弱しまう
よりはよかったと思っています。
幸い回復力が取り柄で、そんな手術を何度も耐えてくれました。
去年、腎臓結石でお月様に帰ってしまいましたが、その直前ま
で本当に元気で、今でも可愛い自慢のウサギです。

ライラちゃんもつらいでしょうけれど頑張ってくれると思いま
す。獣医さんには何でも納得するまで聞いて、いっしょに支え
てあげて下さい。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。