獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200112-70

マルチレス
投稿日 2001年12月18日(火)00時10分 びぎなぁ

NAMEさん
うさぎ以外の動物にも多く見られることなのですが自咬症という
ものがあります。多くの原因はストレスらしいのですが人間には
その原因を突き止めるのは難しいですが、さぐってみてあげてく
ださいね。

オィショさん
ハンドルを全角にしてごめんなさい。どうもバグってしまいそうで
恐くて半角使えませんでした。>小心者のわたし
ネットでうさぎの斜頚の闘病記をアップしているサイトがいくつか
ありますが、急に治る場合、長い看護が必要な場合。。最悪の事態と
さまざまですよね。
ローリングしてくるくる回るそうな急激な症状が出ていなくって
食欲もあるそうなので治るかも!希望と期待で諦めずにうさぎさんと
一緒に頑張ってくださいね。

mimiさん
>おなかを触ると肋骨が分かるくらいやせています。

お腹を触って肋骨が分からないようでは肥満という判断は
しますが、ほんとうに痩せ過ぎかどうかは獣医さんに触診していた
だいた方がいいのだと思います。
しかし、ほんとうに脂肪を貯えさせて太らせる必要があるのでした
ら、ペレットを選ぶ時に粗繊維の量だけではなく脂肪分の多さ、
アルファルファを主体にする、あるいは穀物類(燕麦、大麦など)
のおやつを少量あげるなどすれば体重はマズ増えていきます。

しかし、太らせるための食品は概して美味しくてうさぎの大好きな
ものが多いので与え方と体重管理はしっかりしなければならないも
のばかりですね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。