獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200304-18

心配です>こうママさん
投稿日 2003年3月10日(月)11時01分 あい

「孝一君」大変ですね・・私も一飼い主として人ごととは思えず胸が痛みます。うちのはまだ病院に行った事がありません、寂しがり屋のきかん坊なのでこの先病気になったらと思うと不安です、小さいうちから健康診断等で病院の雰囲気に慣らしておけば良かったと後悔しています。

 私がこうママさんと同じ様な状況になったのは「猫〜乳ガン」の時でした。手術して治るものならしてやりたい、でも性格的に入院は無理だろう・・だったんです。何件も病院を探しそこで先生と相談して(3件目でとっても良い先生見付けました。)手術はするけども入院させないで帰してもらう事にしました。でも手術への不安はかなり大きかったです、うちの子は老齢で目も見えなくなっていたので尚更恐がり、歳も歳の為麻酔の心配もあり悩みましたが「苦痛を無くして出来る限り一緒に居たい」との思いで決心しました。

 術後〜抜糸までの約10日間は目が離せませんし、毎日の通院も大変でしたが今では本当に良かったと思っています。

  「孝一君」の腫瘍は取らないと大きくなってしまうんでしょうか?結石ではなく腫瘍なんですよね・・手術で完全に治ると言うのなら・・取ってあげたいですね。麻酔のリスクは避けられませんが手術後、通院だけで良いと言う獣医さんは結構居るようです。あと内科系・外科系で診断が違う場合も多いです。どっちにしても獣医さんとじっくり話し合って、良い方向に向かってくれる事を願っています。孝一君・こうママさん頑張って下さい。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。