獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200304-80

体重減&血尿&白内障
投稿日 2003年4月16日(水)13時15分 にゃおみ媛

うさぎ飼いの にゃおみ媛と申します。(獣医さん等の専門家ではありません)

>るるさん
体重の減少は気になりますね。我が家のうさぎが闘病中は、体重減=体力減とも言えるので、しっかりと体重管理もしてくださいとおっしゃいました。

お腹が弱くないなら、ペレットの変わりにもっと栄養を取ってもらえるように、
野菜の種類や量を増やしてみるとか(少量ずつ)されては如何でしょう?
牧草も、1番牧草よりも2番牧草のほうが食べるとかあるかもしれませんし、少しでも食べてくれるように
少しずつ、いろいろ挑戦してみても良いかと思います。

ただ、急な食生活の変化は、お腹に負担が大きいので、様子を見ながら少しずつ...にしてあげてくださいね。
少しでも食べる量が増えてくれるといいですね。


>クーさん
我が家にも女の子うさぎがいるので、避妊手術のことなど、何度か獣医さんに相談しているのですが、
うさぎの体の仕組み上、子宮系からの出血なのか、膀胱からの出血なのか、エコーやレントゲンでは判断できない場合が多いと言われました。
(余程の肥大がみられるとか、大きな結石がみられたりしたら分かるそうですが)

ただ、出血が長引けば、それだけ貧血状態に陥り、手術を決断しても体力が持たない可能性が高いそうです。
少しでも出血の少ないうちに、何が原因なのか突き止めてあげてくださいね。

言葉だけでは決して判断できることではないので、是非、獣医さんにもう一度問い合わせてみて
子宮系の疾患の可能性はないのか?今後の治療方針はどうなのか?など、疑問点をハッキリしたほうが良いかと思いますし、
もし、これらのことにお答えいただけないのなら、他の獣医さんにも診て頂くのが最善だと思います。

早く原因がわかって、早く適切な治療を終えて、完治できますように!


>なおえさん
難しい問題ですよね。獣医さんに判断をせまられたとき、「自分は神様じゃないんだから、分からないよ!」と強く思っちゃいます。

なおえさん家の子の状態が、ハッキリはわかりませんから、適当なことは言えないのですが、
歯の伸びている場所や方向が、切歯や研摩で改善するようなものであり、
先生や自分の感じ的に、うさちゃんに手術を乗り切れる体力がありそうなら、手術をお願いすると思います。
人間でも食べられないのって、辛いですし。

でも、先生もどんな小さな手術や治療であっても「絶対に大丈夫」とは言えないものですし、
それでも、先生の個人的な意見をよく伺ったり、レントゲンなどを検討したりして、
先生に、しっかりとタッグを組んもらってくださいね。

眼摘出をしても、元気いっぱいに暮らしてる子もいますし、
高齢でも手術をして、もっと長生きした子もいますし、
(愛子さんのまとめておられる「長寿うさぎの会」のアンケートがすごく参考になると思いますよ)
先生と沢山話して、その上でなおえさんが決断した事が、ベストな判断だと思います。

でも、どうしても悩みが深い時など、いろんな人に相談してくださいね。
私も、そうやって心の負担をおろさせてもらってました。

どのうさちゃん達も、早く完治できますように!

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。