獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200307-7

Re:毛球症&ペレット
投稿日 2003年6月4日(水)13時31分 にゃおみ媛

>プロキオン先生
いつもお邪魔しております。
我が家のうさぎも老年期を迎え、関節痛(?)をかかえてきましたし、
また色々ご教授いただきたく思っておりますので、これからもよろしくお願いします。m(_ _)m

>さっちゃんさん
下調べじゃなくて、症状がでてたのですね。
何ともない事をお祈りしてます。

それに、早め早めに専門の方に診て頂くのはホントに良い事ですし。
定期的な健康診断ともなりますしね。


>マニさん
まだまだ小さいうさぎさんのようですし、牧草と少しのお野菜では到底栄養が足りないと思います。
ペレットも、最近は良いものがでてきていますし、利用された方が良いかと思います。

もし、ペレットを生活を選択されるなら、うさぎの体に必要な栄養その他を計算し、
あげるお野菜(かなり多種類&多量)を選択してあげてくださいね。

生後半年くらいまでは、体や、骨や、内臓を作るのに沢山の栄養を必要とします。(もちろん過多は駄目!ですが)
この時期に十分な栄養がとれないと、一生を健康に過ごす体を作る事ができないそうです。

ネットが普及してから、いろんな情報が飛び交う世の中になりましたが、
「本来のうさぎの生体は?」とか「この子に一番あうのは?」と常に考えていると、おのずと見えてくるものがあるように思います。
あと、どんな情報でも鵜呑みにしないこと!が大事だったりもします。(時には獣医さんのおっしゃることでさえ)

ちなみに我が家は、牧草(チモシー中心の一番と二番牧草)>野菜>ペレットという感じです。
牧草は1日中食べ放題で、お野菜とペレットは朝と晩に、複数種類をあげています。
成長期には、ペレットはアルファルファ原料のものをやや多くしたりしてました。

中には、お野菜を受け付けない体の子もいるくらい、個体差があるので、いろいろ迷う事も多いと思いますが、
少しずつ、おうちの子に合った食事とか診つけてあげてくださいねー。
(くれぐれも、変化はゆるやかに! 急な食生活の変化は、うさぎのお腹に多大なダメージを与えるそうです)
参考になれば幸いです。
http://ha2.seikyou.ne.jp/home/gong/

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。