獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200310-30

術後の経過
投稿日 2003年9月8日(月)00時45分 にゃおみ媛

>ゆみめろさん
うさちゃん、手術成功おめでとうござます!
ふと、こちらを覗いてみたら、きっと不安に思ってスゴされてるんだろうなーと思って、書き込みしてます。

うさぎなんかの被補食動物の場合、具合が悪いのを見せると、捕食者にみつかってしまうし、
具合が悪いときなんかは特に、物陰で、じーっとしているものでしょうし、
術後間もないのですから、じっとしているのは、あまりにも心配しすぎることはないかも。

基本的に、動物は舐めて治すってカンジですし、鎮痛剤の投与よりも、
しばらくは安心してじっとして傷をいやせる環境を作ってあげておくことの方がいいかも。
薬の力で、無理に痛みを忘れさせて、普段通り(それ以上に)動いてしまって、
術後の傷に障ることも恐いですし。

ただ、じっとしているという状況も、表情とかで、飼い主さんが判断して、
獣医さんに相談するのがベストでしょうけど。

ウンチやオシッコもわずかでも出ているようですし、安心材料かと。
でないのは、本当に問題ですし、少量ずつでも出続けているのは大事かと。
(手術前にあったものが出ただけで...というのは恐いですし)

今は、痛くて辛い時期でしょうし、堅い物を咀嚼して食べるのは辛いでしょうし、
柔らかいもの中心で(牧草も二番牧草のような柔らかいものとか)、
リンゴや人参なんかをすり下ろしてあげるのも効果的だと思います。
ハーブなんかの香りの強い野菜も、食欲を呼び覚ますお手伝いをしてくれますよ。
やっぱり、少しでも食べて、体力を維持してもらわないと、体が元に戻りにくいですし。

肝臓の病気のことなど不安もおありでしょうが、少しでも早く手術の傷が癒えて
元通りにモリモリ食べられるようになるといいですね!
我が家のうさぎも、一時期、血液検査で肝臓が悪いかも?と言われたことがありましたけど、
結局、問題なかったので、詳しくないですし...アドバイスできなくてすみません。


チーママさんも急な育児で大変そうですね。
また改めて書き込みします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。