獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200310-82

いろいろ
投稿日 2003年10月20日(月)16時43分 にゃおみ媛

> チーママ様(ウサギの女の子ってカクカクします?)
既に返信がついてますが、しますよ〜♪(お嬢さん、HP見てくださってるのですね、ありがとう!とお嬢様にお伝えください)

カクカクって、交尾行動もあるけど、むしろ順位付けのマウンティングの意味合いが強いのかも。
我が家の母子うさぎは、毎晩ベランダで追い掛けっこしながら、カクカクしあってます。
でも、時には頭にくるみたいで、喧嘩の一歩手前!ってこともありえますので、
順位付けしてるだけだからってほぉっておくと良くないかな?と思ってますが。
あと、ホルモンバランスが異常をきたすので、良くない!という獣医さんもいらっしゃるようですよ。


> ペロチャンママさん(私だけ噛まれる)
男の子うさちゃんでしたら、異性に対して攻撃的というのはありえるかも、
私もかまれた口です。ただ、それは彼のテリトリー内でティッシュでうんちを取ろうとしたから。
どうも、自分のテリトリー内でヒラヒラしたものを見ると、がー!とくるようです。
(ベランダであそばせている時に、そばを箒で掃くと、噛みに来たりもします)

鼻ピンをしたから!...というのはありえないことではないのでしょうが、
むしろ、順位がおかしくなっているのもあるのでは?(古い考え方といわれるかもしれませんが、縦の順位付けって必要だと思います)
悪いことをして叱られて、それで軽く鼻ピンをされたのに、自分より下位の者から攻撃されたと受け取っているという可能性はないですか?
男性や子供は、割りとドーンと扱うので「自分より強い人(偉い人?)」と認識してくれるようですが、
女性は「大事に」扱うから、結構「なめられている」場合もあるみたいです。

うさぎは、思っているよりかなり賢い動物なので言えばわかるし、彼らの中でも自分が悪いことをしたっていうことも結構分かってるし、
(もちろん、どんだけ言っても分かってくれない場合もあるけど、それって「人間の都合だけで言っていること」だったりもしますし)
だめなことをしたら、叱られる...という構図は、キチンと作ってあげるべきだと思います。
(可愛がるだけが、彼らの幸せとは思えないです。一緒に暮らす家族なんですから、お互いにルールは必要かと)

叱った後は、しばらくしてから、ちゃんとフォローをしてあげれば大丈夫!
ご褒美をあげるにしても、あげすぎや、何でもとにかくご褒美をあげてしまってはケジメがつかないし、肥満のもと。
「さっきはxxをしたから沢山叱ったけど、○○のこと大好きだから叱るんだよー」って撫でてあげると、
なんか、分かってくれるように感じてます。(たまに、逆切れしてくることもあるけど)

ただ、テリトリー内に急に手を突っ込んでこられたりしたら、本能が先にきてしまうこともあるみたいです。
(7歳のうさぎに対しても、今でもそれはご法度ですもん)
手を入れるときは、声をかける。何をするにも、まず名前を呼んで意識をこちらに向けてあげると良いようです。
あとは、どうしてもケージ内などに手を入れる際は、頭を軽く抑えておいて飛び掛れないようにし、噛みつかれるのを防ぎます。

性格とかあるし、一概には言えないでしょうが、噛み癖のある子もいるけど、噛み癖も辛抱強く直してあげることは可能なようですよ。
あと、チーママさんが書かれるように反抗期とかあるし、その時期にキチンと対処してあげるのがお互いのためだと思います、

ちなみに、我が家のうさぎに噛まれた載、あまりのことにショックで直ぐに叱れなかったので、
旦那に抱っこしてもらって「ハハを噛んだらあかんやろ!」ってガッチリ叱ってもらい、ごめんなさいしてもらいました。
あくまで、個人的な考えですが、参考になれば幸いです。


> ゆっこさん(大至急返事をお願いします)
マ○○ンは、うさぎには使っちゃだめですよー。
塩酸ジブカインが入っている消毒薬は、ウサギには使えません。(なめると舌が麻痺して怪我の恐れがあるそうです)

うちでは、オキシドールの希釈液を準備してます。これも獣医さんに数百倍に希釈してくださいと指示されました。
動物は、舐めて治す生き物ですし、あまり神経質になる必要はないかと思いますが、
傷口が綺麗じゃないとか(爪が中途半端に残っていて自宅では切れないとか)、肉のとこまで折れてるようなことがあれば
獣医さんに診ていただいてくださいね。

めっちゃ長くなりましたが、参考になれば幸いです。(といっても、素人なんで、ほんとご参考まで♪)

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2022 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。