獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200406-88

Re.治療法
投稿日 2004年6月22日(火)00時47分 投稿者 チーママ

jujuさん ご心配ですね。
術後2kgも落ちてしまったとすると、現在は何Kgでしょうか?
残念ながら手術以外で投薬等でのより良い治療法は分かりません。
やはりベストは切除手術でしょう。手術にしても、放射線にしても、
いずれにしても全身麻酔が必要なこと。問題は時間の長さと体力かと。
切除するなら小さいうちですし、放射線治療は一般的にとられる第二
の治療かと思います。ただし放射線治療は一度では済まないかと思う
のですが、どうでしょうか?
人間と同じに、手術と放射線治療、あるいは抗がん剤の併用も考え
られるとおもいます。
やはり現状を知っていらっしゃる獣医さんと、リスクの検討を十分に
なさることが第一かと思います。
第三の方法としては、このまま何もしないという方法があるわけですが、
そうした場合どれくらいつらくなるか…ウサギさんのターミナルケアを
検討する事も必要かと思います。
いずれにせよ放っておいて治るものではありませんし、悪性だと再発は
繰り返される可能性を視野に入れておくしかありません。
どんな治療をするにしても、体力勝負ですから、食べれるうちは栄養満点
を心がけてあげてくださいね。ペレットも牧草もアルファルファ主体位で
良いかと思います。
なんのお役にも立てなくってごめんなさい。少しでも快方に向かうことを
心から祈っています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ホームドクター・専門診療・救急:神奈川最大級のプリモ動物病院グループ様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2024 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。