獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板過去発言No.1500-200412-125

ご参考までに
投稿日 2004年12月25日(土)20時33分 投稿者 チーママ

一応獣医さんには聞きましたが、なんと言っても直接ウサギさんを
診ているわけではないので、断定はできません。
ただこういう見方もあるという様に思っていただきたいと思いますm(_ _)m

尿試薬
ま!さんの試薬が買ったばかりという事を前提に、お話しますね。
これは新鮮尿である必要があります。
新品のトイレというわけにはいかないでしょうから
トイレをきれいに洗って、ラップでも敷いて排尿を待ちます。
排尿したらすぐに検査です。ペットシーツに染み込んだ尿で
検査するより、そのほうが懸念が少なくてすむと思いますよ。
また病院での検査が正常値の範囲内なら、ひとまずは大丈夫
と思ってよいでしょうね。
ウサギさんは腎不全と言うより腎炎ですね?
いずれもエコーやレントゲンでは腎臓機能の程度はわからない
そうです。かなり腫れているとか、腎臓の形や周辺の状態に
変形があるとか、結石があるとかなら分かるとは思いますが。
腎炎なら炎症が治まれば大丈夫ですので、このまま経過観察と
定期健康診断でよいと思います。
強制給餌に慣れていらっしゃるようですので、何か経験から
アドバイスが出来る事がありましたら、よろしくお願いしますね!

メラノーマ
これは私もびっくりしました。
私もメラノーマといえば悪性のものと思っていましたから(^^;;
実はメラノーマというのは、私たちが言う「ほくろ」を含むのです。
メラノーマのうち良性のものが「ほくろ」、悪性のものが「マリグナントメラノーマ」
と言われる問題児とのことでした。
 >毛を調べても何もなく、メラノーマ(皮膚のがん)の可能性があると言われました。
 >良性であれば問題なく、様子をみて皮膚がただれたりするようであればすぐにまた
 >来てくださいとのことでした。
つまり獣医さんはほくろを含む医学用語で「メラノーマ」と言われたのですね。
ですから良性メラノーマなら「ただのほくろ」だから問題なく
皮膚がただれてくるようなら「悪性のメラノーマ」も考えられるので
またきてください、という事だったのでしょう。
一口に「腫瘍」といっても「良性腫瘍」と「悪性腫瘍」が
ありますね。
ただ普通、腫瘍とかガンとかメラノーマという言葉を使われると、
「悪性だ!」と思うのが一般の人間です。
お医者さんにとってはどちらも視野に入っているのでしょうが、
そのあたりの知識の差が、認識の違いとなって現れたのですね。
同じメラノーマでも、なぜほくろが良性の性質のままでいるのかは
分からないそうです。
犬でも猫でもほくろは出来ますので、ウサギも同じと考えてよいでしょう。
次々増えるのは注意事項ですが、下手にいじってメラノーマの性質が
変わってしまうといけないので、あえて検査はしないということのようです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンクサポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2023 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。